--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

03

コメント

2014.07.02 日本の核燃料サイクルの現状を海外メディアはどう見ているか

 海外メディアは日本の核燃サイクルの現状をどうみているのか知りたくて、海外のニュースサイトを翻訳してみた。

ブルームバーグは経済・金融情報の配信、通信社・放送事業を手がけるアメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社。


ブルームバーグ





ざっくり言うとこんな内容

・アメリカの情報サイト「Bloomburg」には、海外から日本の余剰プルトニウムにかけられている疑念が核兵器開発と明確に結びつけて描かれている

・日本の主張よりも、日本の核兵器開発を中国が懸念していることにフォーカスしている

・アジアの緊張に警告を発している


詳細(事実)

以下、翻訳文を載せます。

https://drive.google.com/file/d/0B7K9Vnw-vuI8dHRYVHA4aDl6ZTA/edit?usp=sharing


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

日本のプルトニウム計画に警戒を強める中国

2014/4/24  ジョナサン・タイロン&ジェイコブ・アデルマン



日本は2.1兆円規模の核再処理施設の稼働を計画しているが、この施設が生み出す精製物が核爆弾製造に転換しうるとして、中国が警戒を強めている。


この問題は今日オランダのハーグで始まった核セキュリティサミットでの大きな議題として取り上げられるだろう。日本の安倍晋三首相と中国の習近平国家主席が共に出席予定だ。

これはアジアにおける二大経済大国の間に横たわる領土紛争や第二次世界大戦時が残した禍根などに加え日中関係に悪影響を及ぼす。


日本は現在ウランやプルトニウムなどの膨大な量の核物質を保有しており、需要を遥かに超える量となっている」

中国外務省のQin Gang 氏の3月11日の発言



日本の北部にある六ヶ所再処理工場はこの秋に使用済み燃料からプルトニウムの抽出を開始する。

日本原燃の広報担当佐々木氏によると、機器の故障によって開始時期が遅れたという。


「中国人が“日本のプルトニウムを核オプションだ”と見ていると言われているが、日本の人々もそう思っているだろう」

日中の原子力当局と会談したプリンストン大学講師・前ホワイトハウス国家安全保障顧問でもあったフランク=フォン=ヒッペル氏は、この問題は日中間の緊張に影響するだろう。と語った。



【再処理計画】

日本はハーグサミットにむけて自国の再処理計画の話し合いの用意をしていた。

3月20日、ある外務省官僚は記者説明時こう話した。

「政府は、需要以上のプルトニウムを精製しないための政策を強調する意向だ。」


六ヶ所(再処理工場)は核燃料から年間約8tのプルトニウムを取り出す設計だ。仮に稼働すると、1945年に長崎に投下された原子爆弾に換算して数百発を製造するに足る物質が得られる。


国際原子力機関IAEAが六ヶ所をモニターしたところ、当施設の取り扱う原料は極めて膨大なため、査察官は申告された用途意外の目的にかなりの量の物質が流用される可能性を否定できない。

原子爆弾一つ製造するのに必要なプルトニウムはおよそ8kgである。



【近隣諸国】

「核施設というものは非常に複雑なものだ。」IAEAの天野之也事務局長は言う。核物質の一部が行方不明になることはよくあることだ。」


兵器市場に流出したり、テロリストの手に渡ったりせずに、いかに核物質の管理を第三者機関の監視下に置くかがハーグサミットの最大の焦点だ。


日本の外交官で2009年からウィーンのIAEA本部で指揮を取っているIAEAの天野氏は、査察官が「日本にある核物質はすべて平和利用に限られるものだと結論づけた」とし、

「それが軍事利用に転換される心配は一切ない」と付け加えた。


2008年からフランスAREVA社との間で六ヶ所再処理工場に近い施設を建設する協議を始めた中国は、福島の原子力災害以降国内でほとんどの転換炉が休止したままになっている日本の核燃料保有量に対し社会的関心を高めている。


今日付のホワイトハウスの声明によると、日本は数百kgの高濃度ウラニウムとプルトニウムを米国に返還することに合意した。安倍は核セキュリティサミットで米国のオバマ大統領と面会する予定だ。



【日本と北朝鮮】

米国政府主導の核脅威研究によって導き出された国防総省の概算によると、1955年に始まった中国の核兵器計画において

中国には核弾頭搭載可能な75の大陸間弾道ミサイルが現存していると見られている。


米国は核の傘によって日本と北朝鮮を保護することでこれらの国が核兵器の禁忌を解き、核保有を目指すことを思いとどまらせようとした。


3月13日、ジョン=ケリー米国務長官は委員会のヒアリングにおいて、

「我々は日本と北朝鮮が核の脅威を感じたり、自力での核保有化に向かわないことを確認するよう働きかけてきた。」と発言している。

各国がプルトニウム抽出のために核燃料の再処理を決定すれば、これとは違った結果が待っているかもしれない。



【アジアの緊張】

米化学技術庁の前副主幹だったスティーブ=フェッター氏によると、イランの核兵器増強を阻止する国際的努力の中、韓国もまたこの動きに賛同し、非核に協力することを視野に入れている。


日中関係は1972年の国交樹立から冷え切ったままだ。


両国籍の海上巡視船が東シナ海諸島周辺で互いを追い掛け回していた。中国が当該諸島を含む東シナ海の遠方まで防空識別圏を設け宣言したとき両国の緊張が頂点に達した。


12月、中国と北朝鮮が日本による侵略のシンボルと見ている東京の靖国神社に安倍が参拝したことにより事態はさらに悪化することになる。


「日本が保有する核燃料を兵器転用すると言わずとも、それが可能である現実は近隣諸国の不信感を買う。」とフェッター氏は言う。

「この問題を両国の領土紛争と結びつけて議論するとき、日本は他の動機があるのだと中国の人々が連想することは自然だ。」



【問題ない】

前外務大臣で現在東京の明治国際情勢研究所の教授である川口順子氏はこう言います。

「日本は核不拡散条約の締約国で、米国の核の傘の保護下にあって、核兵器に対する市民感情を考えると核兵器開発などは論外だ」


「北朝鮮に見られるように条約を破ったり国際社会から制裁を受けるような点が日本にあるとすればどんなところですか?」という記者の質問に彼女は「そんなものはありません」と答えた。


IAEAの発表によると日本は9t以上の分離プルトニウムが保管されている。他に海外に保管されているものが35tある。公式に認可されている核兵器国5カ国のうち2カ国、フランスとイギリスの施設が核兵器が現在日本の使用済み燃料の再処理を行っている。


ロンドンを拠点とする『検証研究・訓練・情報センター 』の研究員であるデビッド=クリフは

「安全規定の履行とそれが機能するかどうかは、ほとんどIAEAの公平性に対する信頼性やその査察官の能力と勤勉さの問題にかかってくる。」と話す。



【過去例のない】

他のどの国よりも日本の核物質の監視に注力してきたIAEAは、六ヶ所の核物質が兵器転用されないシステムを確実なものにするため10年以上を費やした。


六ヶ所の監視システム構築に尽力した元IAEA当局シャーリー=ジョンソンとエネルギー省とが共同でまとめた2009年の報告書にはこうある。

IAEAがこれほどまでに大規模な商業用の核燃料再処理施設に、信頼性の高い安全システムを構築することは初めての試みだ。」

「提出される査察結果は精度と確実性が常に疑われた。」






この記事に関してのお問い合わせは...

ウィーン支部、ジョナサン=タイロン

jtirone@bloomberg.net

東京支部、ジェイコブ=アデルマン

jadelman1@bloomberg.net


この記事の編集責任者の連絡先は

アラン=クロフォード

acrawford6@bloomberg.net

ジェイソン=ロジャーズ

jrogers73@bloomberg.net



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

以上で翻訳文おわり



まとめ(評論)

アメリカの情報サイトが、日本にかけられる核兵器開発の疑いに対して日本が行う説明には説得力がないことを示しています。IAEAの査察の信頼性に疑問を投げかけていることも印象的ですね。

日本の再処理事業に対して包括的許可を与えるのか、個別的に協議を求めるのか、それとも韓国のように再処理を禁止するのかは完全にアメリカの意向にかかっています。

ところで、海外のメディアは記事を書いた人の実名・連絡先まで記載しているのですね!さらには読者は編集責任者にもメールをすることができるようになっています。日本のマスメディアにはまったく見当たらない姿勢ですね。


記事=小山内頼人
yori1335@gmail.com



※市民ジャーナリストチームあおもりでは記事の内容を事前に照会してから公開しています。補完情報・ご意見・ご感想などお待ちしております。


07

01

コメント

日米原子力協定を巡る核燃サイクルのリアルな現状を遠藤哲也氏が語る


今回は独自取材ではありませんが青森県がまさに当事者となる問題なので、YouTubeの動画を文字起こししてみました。
核燃サイクルを「進める側」の人間が、現状のファクトを語っています。


10403974_754600617923793_8558627963740614930_o.jpg 



ざっくり言うとこんな内容
・日米原子力協定の延長は2018年。
・核燃サイクルの包括合意継続が危ぶまれている
・青森県の意思決定が深く関係してくる


詳細(事実)
・日米原子力協定の交渉担当官であった遠藤哲也氏が核燃サイクルの現状と将来の見込みを語っています。
https://www.youtube.com/watch?v=UMf4B4R2COE


・文字起こし全文はグーグルドキュメントから自由に閲覧可能にしてあります。(協力者の三浦さん、松田さんありがとうございます)
文字起こし




●日本の原子力政策は、アメリカの許可(日米原子力協定)の上に成り立っている
→アメリカはウランを提供するかわりに、日本に核不拡散を守らせる。
→そのため日本は余剰プルトニウムを保有してはいけない。
→現在の包括合意(自由)が個別合意(いちいちお伺い)になれば六ヶ所の運営ができない



●日本は余剰プルトニウムを持っている状況である
→日本は原発が動いていないのでプルトニウムの使い道をアメリカに示せない状況である。
→したがって、アメリカは日本は核兵器開発の疑いをかける
→余剰プルトニウムの平和的消費計画を示す必要がある



●日本は核兵器開発を行う可能性があるので再処理が認められない可能性がある
→プルトニウム消費計画を提出するには、大間原発を早く動かす。
→その他プルサーマル原発を18基動かす。
→それでも、英仏の返還プルトニウムを先に消費しなければならないので足りない。
→継続的に再処理を行うには、長期的には高速炉をいくつか建造しなければならない。


●青森県三村知事は「全量再処理」しか認めない(過去の定例会見・県議会の発言より)
→国が全量再処理以外のシナリオを進める場合、三村知事は各電力会社に青森県に貯蔵されている使用済み燃料の搬出を求める意向だがこれは脅しであって物理的に不可能。
→現在の状況からは、全量再処理のシナリオはほぼ考えられない
→再処理事業の継続が不可抗力的に破棄されることが容易に想定される状況で、青森県はいやがおうにも核燃交付金依存の県財政の見直しを迫られる。
→6/14に行われた県弁護士会主催のシンポジウム「原子力依存からの脱却と地域再生」では経済的論証をもって青森県の核燃交付金依存は脱却できることが示されている。






まとめ(評論)
・六ヶ所村の再処理工場が経営できるためには、プルサーマル原発が最低でも18基、フルMOX(プルトニウム消費量が大きい)の大間原発は必須であるだけでなく、将来的には高速炉の建設が必要になることがわかりました。ところがその実現のための条件は国民感情からみてもあまりに厳しいですね。
・再処理の実行・破棄の両可能性を考えるときには推進派・反対派の動きにかかわらず、アメリカの意向にほぼ100%依存する形になります(日米原子力協定)。
・私はアメリカが2018年の日米原子力協定の延長時に日本の再処理が認められる可能性は低いのではないかと思います。
・その場合、青森県はどうすべきか?それは、近い将来ふたたび国策の転換によって青森県がはしごを外される可能性を直視し、「いかにソフトランディングするか」の対策を考えることであって、国に再処理の続行を懇願することも的外れであれば、再処理を止めよ!と叫ぶのも的外れなのではないだろうか?そして、全量再処理がかなわないとしても、県内に貯蔵されている使用済み燃料を即座に搬出を求めないことも視野に入れるべきである。

記事=小山内頼人(yori1335@gmail.com)
文字起こし=小山内・三浦・松田

06

11

コメント

2014.06.11 日本原燃のFM青森ラジオCMを集めてみた。


日本原燃は平日の午後5:55からのFM青森の番組「FMタウンウェーブ」を提供しています。当然CMが流れます。
data.jpg 
ざっくりいうとこんな内容
●放射線は危険なものじゃないよ
●昨日と同じ現場はないよ
●放射線は身近なものだから気にしないで



詳細(事実)
ラジオCMの内容を文字起こしします。
●「昨日とおなじ現場はない」
ナレーター  指差し呼称 復唱  安全確認 昨日とおなじ現場はない  
ひとりひとり  ひとつひとつ  日本原燃

●「ご飯で放射性物質」
お母さん  トントントン・・・ご飯ができたわよ~
お父さん  おいしそうだなぁ  ところでご飯を食べることで、体内に放射性物質を取り込んでるって、知ってた?
お母さん  え?ほんと?
ナレーター  米や野菜には、カリウム40という放射性物質がわずかにふくまれています。 放射性物質というだけで心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、このカリウムは、わたしたちが生きていく上で欠かせない物質のひとつで、食事により、体に取り込んでいます。放射線とどうむきあっていけばよいか、冷静に、正しく理解するところからはじめてみませんか? 日本原燃

●「身の回りにある放射線」
主婦①  ねえねえ、放射線って身の回りにあるって知ってた?
主婦②  そうそう、わたしも最近聞いたんだけど、地球が誕生した時から空気中や大地には放射性物質があって、そこから絶えず放射線が出ているんですって。
主婦①  なるほどねぇ~
ナレーター  わたしたち日本人が年間に自然界から受けている放射線量は、およそ2.1mSvと言われています。この値には地域差があり、世界ではもっと放射線量が高い地域もありますが、特に健康への影響は確認されていません。     日本原燃

●「リサイクルできるウラン」
ナレーター  原子力発電の燃料であるウランは、石油や石炭と同じように、限りある資源です。しかし、ウラン燃料は9割以上が再利用できます。再処理工場は、一度使ったウラン燃料から、まだ使えるウランと、新しくできたプルトニウムを取り出す化学工場です。限りある資源を有効利用するためにわたしたちは、安全を最優先に六ケ所村でリサイクル事業に取り組んでいます。  日本原燃

●「医療にも役立つ放射線」
お母さん  あなた~朝ごはんできたわよ
お父さん  あ、今日健康診断だから、食べられないんだ~
お母さん  悪いところがなければいいけどね~
ナレーター  わたしたちは、胸や胃のレントゲン検査やCTスキャンなど、医療の場でも放射線を受けています。放射線というだけで心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、病気の早期発見や治療にも役立っているのです。 放射線とどう向き合っていけばよいか、冷静に正しく理解するところからはじめてみませんか?  日本原燃









 評 論 
CM中にも登場しているように、ターゲットは夕方食事の準備をしている主婦だと思います。放射線は心配しなくていいですよ、と言いたいようです。
まるで、福島第一原発の原子力過酷事故が存在しないかのような表現が続きます。

福島の原発事故以降、日本全国ではこういった原子力の安全を謳うCMは自粛される傾向にあります。が、青森県ではいまだにイメージ戦略が続けられています。
地元大手の新聞にも無批判にデカデカと広告が掲載されます。
それは青森県が日本の核燃サイクル政策の根幹を担っているからに他ならないでしょう。
アメリカは「核のない朝鮮半島」をめざし、韓国の再処理を許可しない方針を打ち出しました。日本は、アメリカからのプルトニウム返還要求もあり、日米原子力協定の延長時(2018年)に再処理が認められないことを懸念しています。
そのため早急にプルトニウムの平和利用計画を米国に示さなければならないのです。具体的には、いつまでにどれくらいのプルサーマル原発を稼働させるか。です。
そういう意味では、青森県は日本で一番核燃サイクルのイメージ戦略が強力だと言えるかもしれません。

記事=小山内頼人

06

04

コメント

2014.06.03 北東北最大の軍事演習場の痕跡を訪ねる

DSC_0167.jpg 

ざっくり言うとこんな内容

鰺ヶ沢に北東北最大の軍事演習場があった!

明治・大正時代の建造物がいまも現存

6月3日、わたしたちは鰺ヶ沢に現存するという『山田野演習場の痕跡』を探しにでかけました。

DSC_0142.jpg 
※鰺ヶ沢二ツ森山から見る岩木山





DSC_0158.jpg
※廃校になった鳴沢小学校もレトロで風情がある





すこし迷いましたがそのうち二つを見つけることができました。ひとつは和開集落にある「トーチカ」です。トーチカとはロシア語で点を意味し、鉄筋コンクリート製の防御陣地を示す軍事用語です。

DSC_0143.jpg


DSC_0146.jpg 

トーチカ

※ルートがわかりづらいので参考に











二つ目は大正時代に建てられた木造兵舎です。築100年近くの木造建築が現存するのです!


DSC_0161.jpg 

DSC_0163.jpg
 
農作業中のおかあさんに声をかけると、「中に入っていいよ~♪」だそうです。


今は農業用倉庫に使われています




和開トーチカと九号兵舎の位置情報をGoogleマップで公開していますのでぜひ実際に見に行ってみてくださいね!

https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zPt7OM0U3zCY.kQ7Z3Wy84IR4








まとめ(評論)

鰺ヶ沢に北東北最大の軍事演習場があったとは驚きです。西北五9条の会の岩崎繁芳さんがまとめた資料によると、明治24年に陸軍一中隊がここを訪れたときから演習場として使われ始めたのだそうです。

演習用とはいえ、トーチカは戦争映画にもよく登場するもので迫力はすごいです。硫黄島に上陸を試みるアメリカ海兵隊を狙って日本兵が機関銃を撃ちまくっていたシーンが浮かびます。こんなものがいまの時代に残っているのですね!


九号兵舎は演習場の北端に位置し、ここでたくさんの兵士が訓練の毎日を過ごしたかと思うと、歴史的建造物がこうも忘れ去られていくのは惜しいと感じました。誤解を恐れず言えば、トーチカと共に観光名所にもなり得るのでは? いずれにせよ、今は平和利用されているということがなによりもうれしいですね。


ところで、軍が大規模に演習場として使っていた土地も、状況が変われば耕作地にもどるのであれば、日本最大の砂丘である猿ケ森砂丘とて、いつかは青森県が誇る観光名所となる日もやってくるかもしれません。


機会があれば鰺ヶ沢の歴史を研究している岩崎氏にインタビューしたいと思います。

記事=小山内頼人

05

14

コメント

2014.05.13 美味しんぼ 鼻血表現騒動を検証 医師の見解は?


コミック「美味しんぼ」のなかで、主人公が福島第一原発を訪れた際鼻血が出た。また、物語の中で実在の井戸川元双葉町長が“みんな鼻血出ていた”と発言していることが注目の的だ。

この鼻血表現には大きく二つの指摘がある。
1.事実かどうか疑わしい。福島の人たちに不必要な恐怖を与える。

2.作者は入念な取材を行っている。事実を描いている。

コミックの表現にここまでメディアが騒ぎ立てることもめずらしい。
この鼻血表現について、自身も医師であり、放射線医療に詳しい遠藤順子氏にお話をうかがった。

1505405_10152451696077089_4175683977511391120_n.jpg
※スピリッツコミック

 ざっくり言うとこんな内容 

・鼻血と被爆の因果関係が認められていない背景とは
・鼻血が出るメカニズム

・過去の原子力災害の例


 詳細(事実) 

筆者は遠藤医師に5つの質問をぶつけた。


被爆と鼻血の因果関係は認められていませんが、わたしたちはどう考えることができますか?

低線量被爆の影響に関する研究は、これまで一般ではあまり充実していませんでした。というのも、権力にとって都合のいい結果(被爆と症状は無関係)を出すための研究にだけ研究費があてがわれてきた歴史があるのです。

そしてそれを考慮に入れなくても、医学の世界では『予防原則』といって、感染症でもウイルスでも、因果関係が認められていなくても可能性があれば避けることを推奨してきました。



一般的に、鼻血というのはどういうメカニズムで起こるのですか?

まず、鼻の粘膜にウイルスや細菌などが付着すると炎症を起こす場合があります。炎症が起きると細胞が破壊され、毛細血管(非常に繊細)が破裂して血が出ます。

これと同じように、空気中に含まれる放射性物質が呼吸とともに鼻の粘膜に付着し、炎症を起こすことは十分考えられます。

ちなみに急性被爆の場合は、血を作る骨髄の機能が破壊されて血液そのものの凝固機能が失われて起こる出血になります。




スリーマイル・チェルノブイリなどの原子力事故の際はどのような症状が報告されていたのでしょうか?

わたしが記憶しているのは、チェルノブイリ原発事故の処理作業に従事した『リクビダートル』と呼ばれた人たちは80万人いたと言われています。そのうち1割は死亡、3割は障害をもって生きているといいます。8万人が死亡し、24万人が障害を持ってしまった。鼻血の報告は私は把握していないけど、福島でももうすこしすれば深刻な症状が出てくると予想しています。

チェルノブイリでは激しい鼻血の報告が数多くあった。



もし原子力災害の被害にあった場合、鼻血の症状をどう考えるべきですか?

鼻血と被爆の因果関係は認められないし、将来も認められないと考えると、もし将来被爆症状(ガンやさまざまな身体的障害)が起こったときにも認められないですよね。
そして、鼻血が出ることが被爆によるものだという可能性を考えたとき、それはわかりやすい鼻血以外にも影響を及ぼしていることを意識しましょう。新潟県の泉田知事は原発再稼働の容認を求める東電に対しこう言いました。「原子力災害があって尚住み続けたまま安全に被爆を避けるというならば、住宅毎に核シェルターを建設するしかない」現実にはその場を離れるしかありません。



美味しんぼ鼻血騒動全体をどう見ていますか?

作者はリスクを覚悟した上でこの表現をしたのでしょう。福島にいまだ住んで生活をしている人の中には、これに気分を悪くする人もいるでしょう。ですがその人たちは本来、国や東電に避難と生活再建に十分な保障と配慮を受けているべきはずの人たちなのです。テレビを観ていると、政府に不都合なことを描いたコミックに過剰に反応し、メディアが代わりにバッシングをしているように思います。ですが、こういう問題がきっかけになって国民に広く議論が生まれるのならばそれはいいことなのかもしれません。


DSC_0149[1]





 まとめ(評論) 

医師の立場から、低線量被爆の影響で鼻血が出る症状は十分に考えられることがわかりました。また、放射線医療の研究は歴史的にも権力によって意図的に操作されていたことも衝撃でした。今回の美味しんぼの表現に対するバッシングの激しさをどう考えるかのヒントを得ました。

みなさんはどうお考えですか?


記事=小山内頼人



※市民ジャーナリストチームあおもりでは事前に審査を行った上で記事を公開しています。補完情報・ご意見などございましたらメッセージをお寄せください。

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。