--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

25

コメント

2013.10.25 行政は意思決定のプロセスを開示しているか

八戸市は庁議の内容を非公開にしています。他の市町村はどうでしょうか?電話で取材し一覧にしてみました。



キャプチャ



これをみてわかるのが、ほとんどが概要のみの記録(発言録なし)で、目的は職員への連絡程度です。八戸市は記録さえとっていません。「記録がなくてあとで困ることはないのですか?」と聞くと「とくにないです」ということでした。庁議は市長・副市長・課長クラスの職員や警察部長などが出席する会議です。そこでどんな発言があったかという記録は、意思決定のプロセスとして非常に重要です。逆に、行政内での不正な方向付けが疑われた場合でも、すべての庁議の録音データや記録文書があれば説得力のある弁明ができます。八戸市の場合その記録がありませんから議員の指摘に対する弁解に説得力がありません。


一方、記録している・記録していないの背景には特段の理由はないようです。議論されてこなかった、言い換えれば需要がなかったということでしょう。議員が行政の意思決定のプロセスの開示を求めてこなかったのです。逆に情報開示や透明性を高めようと努力している自治体もありますね、青森市や五所川原市は明確に「市民への情報公開を目的とした詳細な記録」をとっています。例外としては田子町はきちっとした決まりはないものの、行政職員と町民の壁がなく、日常的にコミュニケーションをとっているため記録が必要ないという理想的なケースもあります。


民主主義の大前提となる「情報公開」を考えるときに、以上のような取材はわたしのような一般市民でも簡単にできます。【市民が需要を生んだときに】はじめて情報公開は進むのかもしれません。情報公開が大切だってこと、わかっていただけましたか?
記事=小山内頼人
スポンサーサイト

08

28

コメント

情報もとむ


忙しいお盆が過ぎると急に秋の風が吹く青森いかがお過ごしでしょうか


今日はひとつあなたにお願いがあります。
コロンボ


貴重な体験や情報をお持ちの方と、市民ジャーナリストチームを引き合わせてほしいのです。以下のような方を知りませんか?匿名でもかまいません、情報をお寄せください。

●青森空襲を経験したor戦争を経験した
●安保闘争に参加した
●うちの町のあの議員さんががんばっている
●新幹線の近くの家が防音壁で囲まれてしまった
●告発したいことがある
●おもしろい町おこしがある

ほかにも青森県で起こったおもしろいできごとや面白い人おしえてください!

10

03

コメント

2012.10.1 大間町役場での原発建設再開に抗議する市民を取材してきた

10月1日(月)、電源開発(株)北沢社長が青森県大間町に、大間原発建設工事再開の説明に来ました。会場となった大間町役場には、市民が建設再開の中止を求め、午前8時前から抗議と要請行動に集まりました。


役場前には、早朝から役場入り口に向かう敷地をロープで囲み、警備会社の方々がガードを堅め、ものものしい雰囲気で驚きました。


 
建設反対を訴えた市民団体は、核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会、ピースランド、ストップ大間原発道南の会の3団体で作る大間原発反対現地集会実行委員会をはじめ、地元住民の皆さんで組織する大間原発に反対する会、大間原発に反対する地主の会や、函館から駆けつけた函館下北から核を考える会、大間原発訴訟の会の皆さんです。




市民の皆さんは、役場の横で抗議を行っていたのですが、役場の担当者から、抗議している場所が役場の敷地内だから、という理由で、抗議する場所を役場正面路上に移しました。ところがそこも担当者が移動を通告。路上での抗議行動は正当な行為と抗議し、担当者が引き下がる一幕もありました。




電源開発(株)社長に要望書を手渡したいと、大間原発敷地中心部に土地を構え、抗議活動を続けている小笠原厚子さんも駆けつけました。




小笠原さんは出てきた役場の職員に、手紙を社長に渡したいので取り次いで欲しいとお願いをしましたが、役場では対応できないと拒絶。電源開発(株)社長はワゴン車に乗り込み、小笠原さんの「すいませんお願いします。手紙を受け取って下さい」という呼びかけにも耳を貸さず、ガードマンに守られながら車で走り去りました。




「ひどいね。こういうやりかたをして今までやってきたんです。国民の一人として、町民の一人として、人間として私は渡したかったんです。残念です。」「今までこういう扱いをしてやってきたんです、会社(電源開発株式会社)は。私たち国民を、私たち人間を無視をして、自分たちの利益のためにやってきました。情けないです。」と小笠原さんは語り、記者へのインタビューに答えながら、持参した手紙を読み上げてくださいました。
「電源開発社長様 大間原発工事再開の中止を求めます。自然豊かな大間の町を、すばらしい大間の漁場を、大間の日本全国の子どもの将来を奪わないで下さい。社長様 英断下さいます様、節に節にお願い申し上げます。 あさこはうす 小笠原厚子」
 小笠原さんはこの手紙を郵送すると述べておられました。
 社長が車で走り去った後、函館から駆けつけた大間原発訴訟の会の大場さんが、会の抗議文を読み上げ、大間役場担当者に手渡しました。抗議文では函館市長が、安全性が確認されてもいないのに建設再開などとんでもない、と述べていることなども紹介し、大間原発稼働を阻止するために全力を挙げて運動を進めると述べています。
 大間原発訴訟の会は、その後大間原発現地事務所に向かい、現地事務所担当者に抗議文を手渡しました。




 こうした市民の抗議行動を、青森県の東奥日報、陸奥新報などの地元マスコミは取り上げませんでした。マスコミに頼らない、市民の、市民による、市民のための報道がいかに大切かを実感した一日でした。市民ジャーナリストチームあおもりの果たす役割はますます大きくなっていると思います。
※記事=竹浪 純


▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。