--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

29

コメント

2013.09.27 八戸市桔梗野工業団地軟弱地盤問題の謎 その3

こんにちは。前回は桔梗野工業団地が造成された当時のことを、青森県新産業都市建設事業団に取材しました。今回は現代に戻って、八戸市議会でこの問題がどう議論されたのか、現職の八戸市議会議員さんにお話を伺いました!


無所属の伊藤のりこ議員は、八戸市議会でもっとも詳細にこの問題を扱ってきました。
公募に応じたのは3団体、NPOグリーンシティはメガソーラー事業・大和エネルギーもメガソーラー事業・吉幸会は特別養護老人ホームを提案しました。軟弱地盤の利活用案を決める過程でどんな問題があったのでしょうか?




伊藤議員のお話から、なにが問題なのかをひとつひとつ見ていきます。
①公募要項に規定違反
2012年3月の公募開始の段階では、そもそも工業団地の規約にない「貸与」を盛り込んでおり、議会の議決も経ていないし報告は2か月後。議会軽視であり、無効である。

②利活用検討委員会に重要情報が告知されていなかった
軟弱地盤利活用検討委員会には、重要な情報が伝えられていなかった。大和エネルギーは複数の自治体で不正を指摘され営業停止処分を受けていたが行政はそれを知っていながら事実を伏せていた。

③不可解な評価基準
本来望ましいはずの分譲の提案(グリーンシティ)があったのに、市への運用利益の低い貸与提案(大和エネルギー)に高い評価が付いているのは不可解である。吉幸会の特別養護老人ホームは、八戸市高齢者福祉計画」に設置がもられていないので最初から受け入れられない提案であるにも関わらず天秤に乗せられている。採用された大和エネルギーの売電利益は県外に流出する。

④議会のチェック機能不全

議会軽視は議会で黙認された。市民の利益から外れた意思決定、不可解な点を問題提起しなければ市民のみなさんもこの問題に気付かずに過ぎてしまう。





まとめ 
伊藤議員は、軟弱地盤の利活用検討過程を複数の議員から「これは出来レースだよ伊藤さん」と言われていたことを明かしました。議会は議会軽視を軽視と思わず黙認していたのです。与党議員は「うちらは与党だから」と行政提案を鵜呑みにし、議会のチェック機能は失われていました。

その結果、検討委員会は、指名停止処分を受けていたことを知らぬまま大阪の大企業大和エネルギーに高評価を与え、最終的には大和エネルギーの貸与によるメガソーラー提案を採用しました。伊藤さんはNPOグリーンシティの3500万円一括分譲の地域貢献型メガソーラー提案がより八戸市に運用利益をもたらすものであったことが評価されない不可解な評価基準も指摘しています。

八戸市産業振興課に取材したところ、「議員の指摘はまちがい、検討過程に問題はない」という回答でした。ですが、市民の代表である議員が「恣意的な評価」「出来レース」という印象を受けるのならばそれは主権者市民がそう受け取ったと同義。行政は説明や情報公開に重大な瑕疵があったと反省すべきです。伊藤議員も総括するように、行政の意思決定のプロセスは透明でなければなりません。そしてそれをチェックする議会は党派やしがらみにとらわれては機能しない、それを監視するのはわたしたち市民の責務なのです。
記事=小山内頼人
スポンサーサイト

09

12

コメント

2013.09.10 弘前市議会議員 菊池勲さんインタビュー 『議員の仕事ってなんですか?』

こんにちは。小山内です。みなさんは、議員さんが普段どんな仕事をしているか知っていますか?たぶんほとんどの人は知らないと思います。テレビや新聞にはほとんど登場しないからです。ですが、政治家を批判する記事はしょっちゅう目にしますね。



青森市で議員報酬削減問題が話題になりました。議員報酬削減に反対した青森市議会議員たちは批判されました。でも、新聞の報道も報酬が妥当かどうか誰にも判断できないと認めた上で、「やり方が悪いから市民が納得しない」と書きました。では「やり方がよければ市民は納得するんですか?」・・・しないと思います。議員の仕事が何なのか知らないからです。


じゃあ、議員さんに聞いてみましょう!今回は弘前市議会議員、菊池勲さんが対応してくださいました。翌日一般質問を控えた忙しい中取材に応じていただきありがとうございました!



●議員の仕事とは
小山内:まず、議会に関する仕事をおしえてください

菊池:議員一人は無力です。一般質問では市の担当課・市長・議員・マスコミ・市民全体に問題提起できる場です。それが伝われば多くの人が味方になってくれるし、市長も考える。

小山内:どんな準備をするんですか?

菊池:普段から情報収集をします。行政が主催する会議に積極的に出席して、市がなにをしようとして考えているのかを把握します。行政だけに任せてしまうとどうしても市民の感覚とずれてしまいますから、市民の声を聴く市民の代表である議員が必要になってくるわけです。また、弘前市議会議員は弘前市全体のために仕事をしますから、限りある税金の使い道が弘前市全体に最前の効果を出すように、市民に対してもまず自分でできることをやってみて、それでもだめなら相談してくれと言います。


●市民が議員の仕事を理解できないのはなぜ?
小山内:市民が描く議員像と、その実態にずれがあるように思います。これはなぜ生まれるのでしょう?どうしたら市民が議員の仕事を理解できるでしょうか?

菊池:議員の仕事が理解されないのは、議員の広報能力の問題だと思いますね。地方は特に、10年20年前は選出した地域の用聞きをしていれば当選できる、要するに、広報する必要がない政治家がたくさんいた。自分たちの仕事を広報する文化が未発達なんですね。

小山内:新聞は政治家を取材しているのに仕事の可視化はしようとしない。

菊池:個人的には、匿名でもいいから議員の一週間の仕事のタイムスケジュールを紹介するものがあってもいいと思います。私の場合だと、昼も夜も公務。家族との食事も週に一度あるかないかです。そういうのを理解したうえで報酬が妥当かどうか市民のみなさんが判断できるのでは?


●議員と市民の関係
小山内:普段市民とどうかかわっていますか?

菊池:たとえば市民から問題提起がある。明日一般質問にも出るけど、弘前のスポーツ施設はかなり老朽化してきているんです。そうすると次はそれが弘前市全体の問題なのかを専門家に意見を聞いたり、タウンミーティングで市民に意見を聞いたりして検証します。 私は野球チームもやってるし、議員は一市民として市民活動に積極的に参加していく。一般的に何かのイベントに議員が呼ばれるのは来賓席、お飾りなんですよ(笑) それではだめなんです。

小山内:市政報告会や市民とのコミュニケーション活動はすべての議員がしているわけではないですよね?

菊池:そうです。

小山内:そうするとそういうことが明らかになっていくと、議員の質の違いは市民に理解されるようになりますよね。

菊池:ですから議員報酬の妥当性の話になるのであれば、妥当な議員もいれば妥当でない議員もいるわけです。だから私は議員報酬は最低限でいいと思っています。そのかわり、議会全体に対して予算をつけて、議員活動をたくさんする人には相当の必要な費用が支給されるような仕組みが必要だと思います。頑張っている人が政治活動に必要なお金をもらうことが市民に理解してもらえる。ただし、仕事しなくても報酬がもらえてる人は反対するだろうけど(笑)





いままで想像するしかなかった議員さんの仕事がなんとなくわかったのではないかと思います。いろいろと課題も見えますね。そしてなによりも、市民の生活向上のためには議員を味方に付け、協働しなければならないことがわかります。菊池さんは、「市民が議員に抱く過剰なヒロイズムと、目に見える効果とのギャップが失望感を生むのではないか」と言っていました。民意の後ろ盾がなければ議員は無力です。逆に、市民の監視がなければ仕事をしない議員も無くなりません。
同行した学生さん、「政治家に悪いイメージを持ってしまっていたけど、私たちのような一般市民と会って話をしてくれることが意外だった」そうです。みなさんが政治家に抱いているイメージ、まちがっているかも??
記事=小山内頼人

09

06

コメント

2013.09.05 八戸市 桔梗野工業団地軟弱地盤問題の謎

こんにちは、小山内です。いつもは下北とか津軽をうろうろしているんですが今回は、八戸の話題に首を突っ込みます!南部遠征だすけ!


今から30年前のおはなし。1973年八戸市、公害を避けるために工業地を集積する「桔梗野工業団地」を造成する事業が始まりました。
桔梗野工業団地


八戸市が県に委託して造成されたこの土地、順調に分譲が進んでいきました。


ところがほとんど土地が埋まってきたとき、58000㎡の軟弱地盤が見つかりました。


湧き水でぐずぐずの地盤は建物を傾かせ、十数社が撤退したため賠償金が発生しましたが、この問題で県と八戸市が互いの責任を主張し対立。解決が難航、現在までで負債総額は約43億円にまで膨らみました。
●2012年4月 県知事定例会見録 「委託したのは八戸市だ。」
●八戸選出県議会議員の反論 「県の新産業事業団の責任で造成した。軟弱地盤対策は県の責任。」



2010年八戸市は結局、事業団の余剰金や利息分を除いた28億円を負担することに決定(ほとんどすべて責任を負った形です)毎年8000万円を35年間です。
そして建物を建てられない軟弱地盤の活用方法の検討が始まります。八戸市、軟弱地盤活用案を公募。




当ブログにも登場したNPOグリーンシティがメガソーラー事業を市に提案したことがきっかけで八戸市、軟弱地盤活用委員会が発足しましたが、紆余曲折を経て、軟弱地盤の活用案は大阪の大和エネルギーによるメガソーラー事業に決定しました。


これに対し、NPOグリーンシティ富岡さんは
「八戸市は私たちの地元だし八戸市にお役にたてると思い活用案を提案したが叶わなかった。残念です。」と語ります。




ところがこの問題、調べてみると不可解な点がボロボロといくつも出てきます。
たとえば、大和エネルギーが事業案を示したのは公募締め切りを過ぎていた。とか。
そもそも、ちゃんと地盤調査しても後になって58000㎡もの軟弱地盤がみつかるものなのか?

これから少しずつ、取材を重ね公開していきたいと思います。
まずは、議会がどのように機能したのかを検証していきたい。

普通の市民がどこまで真実にたどりつけるのか、その過程をご期待ください。



八戸市民の方で、取材に協力できるという一般市民の方はご連絡ください。

07

01

コメント

2013.06.19 青森県三村知事はTPP反対と発言したことがあるか

こんにちは、小山内です。わたしは、三村知事は日本のTPP加盟はもとより、TPP交渉参加にもはっきり【反対】の立場だと思ってました。みなさんはどうですか?


ところが、6月19日の県議会一般質問をたまたま聴いてみたら、三橋議員にTPPについての考えを訊かれた三村知事はこう答えているんです。抜粋します。
みむー
県議会録画 開始36分ころ
『わたくしは、本県の農林水産業は、食品加工や流通など、多くの産業と密接に結びつき、地域の経済・雇用を支えているだけではなく、洪水防止・水源涵養・景観保全など、多面的な機能によって国土や環境を守る重要な産業として、将来にわたってしっかりと守っていく必要があると訴えてきたところでございます。 TPP協定の懸念は、幅広い分野に及ぶわけでありますが、とりわけ本県の農林水産業には計り知れない影響が危惧されるため、国に対してTPP協定交渉参加に対して慎重な対応を求めるとともに、守るべき国益を断固として守るよう…中略…緊急要請を行ってきたところでございます』

あれれ?? わたしは三村知事は【TPP断固反対】だと思ってたんですが、どうも発言の内容がはっきりしない感じがしませんか? ではそもそも三村知事は過去にはっきり【TPP反対】と発言したことがあるのか?


今年の3月15日に安倍首相がTPP交渉参加を正式に発表したとき、北海道の高橋知事は記者会見ではっきりと【TPP交渉参加に反対】との立場を明らかにしてるんだよね。そのときの三村知事の発言はというと・・・
青森県の三村申吾知事は「十分な情報提供、国民的議論がなされないままに政府がTPP交渉への参加を表明したことは誠に遺憾」とコメント。「さまざまな分野に影響が想定される。とりわけ農林水産業は食品加工や流通など多くの産業と結び付き、本県経済・雇用を支える基幹産業であり、大きな影響が懸念される」と指摘した。(時事通信)

あれ??? 反対って言ってない。 っていうか一度も言ってないんじゃ? 三村さんが「TPP反対」と発言したことがあるという方教えてください。


6月5日に開かれた「TPP参加断固阻止 青森県民総決起集会」に三村知事が出席していますが、はっきり反対を発言したわけではないようです。ちなみにこの集会には当選したばかりの自民党議員は全員欠席。


▼デーリー東北 三村県政8年を振り返る記事では・・・
実際、知事を支える自民党からも「知事は政治家じゃなくて役人だ」「腹の内が読めない」とのぼやきが漏れる。その不満が3月の県議会で爆発した。
 議場で重鎮議員が環太平洋連携協定(TPP)参加へ反対するように迫ると、知事は賛成か反対か判別できない、難解な表現の答弁書を読み上げた。~中略~ それでも決して「TPP反対」の言質は与えなかった。(デーリー東北)




ひゃー驚きました。どうやら三村知事はこれまで一度も【TPP反対】の発言をしたことがないようです。真意は一体どこにあるんだ? ということは、【青森県はTPP反対】というメッセージは国に届いていないってことじゃないですか?政治家たるもの、自分の言葉で堂々と発信してほしい! そして一言物申す!【TPP断固反対】で衆院選で当選した自民党議員はなぜ反対集会に出席しない?政治家のプライドがあるなら政治生命をかけて国民との約束を破った党執行部・政権と戦え!  記事=小山内頼人

06

25

コメント

2013.06.24 弘前市自治基本条例 市民検討委員会が開かれました

こんにちは、小山内です。

わたしはまちづくりの取り組みにも興味があるので、6月24日に行われた、市民によって自治基本条例が検討されている現場を傍聴しに行きました。みなさんは「自治」って聞くとどんなイメージがありますか?わたしはちょっと堅いイメージかなぁ・・・ さてどんなことが話し合われてるんでしょうか?



1372071515294[1]_convert_20130625132835
●委員長と委員を合わせると11人。この手のテーマの会議にはかならず中央学院大学の佐藤淳先生が参加されてますね! 佐藤先生のもと、弘前市各地域の町会長さんなどが集まって「自治」を学んで市民が主導で自治基本条例を検討していくんです。


今回検討された中間報告書はこちら↓
20130625_130155[1]_convert_20130625132941

なにが話し合われるかというと・・・

●自治基本条例の名称をどうするか
●まちづくりの主体はだれか・・・こどもやお年寄り、市街から通う大学生は?
●それぞれの役割をどう規定するか・・・市民・議会・行政の共働

などなどです



佐藤先生は基礎的な自治の知識を提供してくれて、それをもとに弘前市民が条例を検討するっていうのはいいよね。まちづくりは市民が主導でやらなきゃ! 
それで、なんで自治基本条例をつくらなきゃいけないかってことなんだけど、それも中間報告に書いてたよ。
簡単にいうと、「リーダーが変わってもまちづくりの理念とか役割がかわらないこと」のためらしい。そりゃごもっともだね。だからこの条例を市民みんなが読んで理解できるようにって、ネーミングを柔らかくするか、いや厳格なイメージがいいとか、そんなところから細かくみんなで議論してた。市民どうし、熱い仲間でまちづくりを考えるってことは、ほんとはスゲー面白いのかも!  次の検討会は7月8日、場所は市役所だよ。
記事=小山内頼人

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。