--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

31

コメント

2013.01.30 弘前大学教職員組合が退職金削減措置に抗議集会

1月30日、弘前大学教職員組合が退職金の一方的な削減措置を行おうとしている大学側に抗議する集会を行いました。

教職員組合が不当な措置と抗議する賃金と退職金の削減内容は複雑なので噛み砕いて説明します。
●多い人で500万円以上の退職金が削減されること
●教職員に十分な説明がされていないこと(労働契約法10条違反)
●2月1日の削減措置の実施まで、早期退職者のサポートなど混乱防止対策がされていないこと
●大学職員が国家公務員ではないのにもかかわらず、国家公務員と同率の引き下げが行われること


DSC_0017_convert_20130131003451.jpg
※教職員組合がこのような抗議集会を開くのは全国でも異例

DSC_0020_convert_20130131003403.jpg
※退職が近いカーペンター先生は平成27年退職の場合退職金が現行の83%程度に引き下げられる。

DSC_0022_convert_20130131003512.jpg
※ゼミの先生が抗議集会に出るというので学生も駆けつけていました。

DSC_0029_convert_20130131003537.jpg
※学長室の前で抗議をする教授「おれの金を何に使うんだ?説明してくれ」


金がないとだけ説明する大学側ですが、記者に公開された財務諸表をみると2005年度にくらべ2010年度の大学の収入は増えています。教職員組合はいまのところ裁判で戦う計画はないと事務局長は話しました。2月1日の削減実施は免れない情勢だが今後も引き続き戦う姿勢だとういうことです。このままでは、退職金が引き下げられる前に早期退職する職員は社会的にバッシングを受けるし、残された職員の職務は混乱する。そして学生の教育にも支障をきたしかねません。大学側の誠意ある対応が待たれます。また、人件費を削るように大学に迫る文部科学省にも問題があります。
※記事=小山内頼人
スポンサーサイト

01

02

コメント

2012.12.27 大間原発建設差し止め訴訟 第8回公判 報告集会

12月27日、大間原発建設差し止め訴訟第8回目の公判が函館地方裁判所にて行われました。



以下にsoundmanlive123氏のレポートを転載します。

函館地裁「第8回大間原発口頭弁論」の口頭弁論内容について…連投します。今回は私も傍聴者のひとりとして…入ることができました。

まずはじめに…2分間の撮影時間…私の後ろで何枚もカメラのシャッターの音が響き…カウントダウンをする裁判所職員…陳述は弁護士3人20分づつ…合計60分だと弁護団からの冒頭の時間宣告。
口頭弁論の一番目は、アイヌ衣装をつけた、アイヌ協会函館支部の加藤さん…まず、はじめに、アイヌ語で…『この、私たちの北海道から、原子力を無くそう』と言う趣旨を告げ、その後和訳をする。
以前は小樽にいたが…泊原発ができたので…函館に来た…しかし…函館の海の向こうには…大間原発が建設中だった…アイヌの地…北海道が福島のようになったらどうしよう…和人はアイヌの地を奪い…カムイと人間の破ることをしてる。
そして自然を破壊し続けた…アイヌ族は独特の自然感をもっている。川は…海から山に向かっている…川は魚がのぼる道…アイヌ族の文化は残していかなければいけない…福島の事故は和人の自然に対するおごりだ!
アイヌとして原発を止めていただくようにおねがいしたい。続いて…横浜から牧野さん…
裁判長宛に2度手紙を出している…大間原発はフルMOXであり…日本は地震国だ…横浜に住んでいても裁判が気になり…横浜から通っている。1993年のチェルノブイリ事故のときにベラルーシから3回4~6人横浜に呼んでいる。
低線量被爆に悩むベラルーシの子供たちを見てきた…泊原発を工事してきた知人が亡くなり…女子高校生から…私たちは子供を産めないの?と聞かれる…また、福島から横浜に来た女性は私たちは子供を産めないという。
ベラルーシには3度行った(回数はちょっとメモできなかった)仏ケ裏にも行ったことがあるが…あの地形は活断層がある証拠!火山のある証拠!!…青森県は食料の倉庫。安心安全な不安のない暮らしを望みます。
子供を守ってください…安全性がハッキリするまで工事はしないでください…
裁判官(裁判長含む)3人の年齢は見た目…3人とも20代~30代後半くらい…時々向かって左側のめがねをかけた裁判官はあくびを我慢したしぐさに…裁判長は終止…頬杖をついていた…
その後…弁護団の意見陳述に入った…テーマは…『大間原発安全指針』と…『活断層』と『加藤他スペクトル』についてだった…以上。
ちなみに…アイヌ族衣装を着た口頭弁論は…初めてでは無いと言うことです。

12/27に、函館弁護士会館で行われた、『函館地裁第8回大間原発口頭弁論報告会』の後の河合井弁護士の、ぶらさがり会見の模様を連投します。

河合井弁護士の帰りの飛行機機材が、函館空港に届かない…各大手メディアがぶらさがりに詰め寄るところからはじまった。
『予算は通ったでしょ?』(大間原発提訴に関する函館市議会2300万準備金の件)『年明け早々正式契約を締結することになる』(全国ではじめての自治体(函館市)による提訴弁護の件)
たぶんね…(提訴弁護の件)記者がどういう論点で提訴するのか聞いている。大きく言うと…自治体が原告になれるかそれから止める理由はなにか…函館市自治体と言うのは、住民の安全と健康・財産を守る権利と義務がある…
人格権と同じように市も法人としての人格権を持っている…それに基づいて差止めができるとおもっています…もうひとつは…市は学校とか市庁舎とか公民館市民生活に必要不可欠なインフラを持っている…
財産権に基づいて差止めができるんじゃないか…財産権侵害は損害賠償請求しかできないと言われてるが、この場合の市の財産権は市のそのものに関わる。
市庁舎が放射能で使えなくなったら学校が放射能で使えなくなったら…非常に深刻な重大な財産権の恐れに基づいては、差止めができるんじゃないか…今日の会議で色々話題になったことは浪江町や双葉町住民が苦労してるという被害を被っている。
自治体自体が事実上崩壊している…住民はバラバラもちろん役所は使えない、福祉施設も使えない…原発と言うのは自治体を殺してしまう人間が殺されるように自治体がころされてしまう。そのような殺されそうな被害を及ぼすような原発をやめろという権利があるだろうと私たちは思っています。
そういう意味では市が起こす訴訟は自治体としての生存権…守るという問題で…具体的に立証のなかでは実際に福島第1の事故によって、自治体がいかに崩壊させられたかと言うような立証をして行く必要があると思います。
工藤市長が市民を守り、市自体を守ると言う観点から…戦いをしようとしてることには非常にすばらしいことだと高く評価しています。市民本意の市長さんだなと思います。
市の長として市を守るんだという 気概にあふれた市長さんだと思います。自民党なわけですけど、自民党政府だからと言って遠慮することなく、ものを申されるはずだと思っています。

大間訴訟のメンバーと必ずしも一緒ではない(河合井弁護士自身のこと?)東京ですね…東京が中心で東京でやると言うことになります。
政権も換わったことだし、今まで民主党政府に要望を出していて…一旦は自民党政府にも同じ要請を出し、規制委員会にも注文を出し…それで、止まらなかったら、提訴することになると思います。
ちょっとスローダウンしてもいいと思います。(大間原発事業者への第三回提訴?政府への提訴?聞き取れず)政府が換ったわけですから函館工藤市長としてはそれなりの手順を踏みたいと思うのも最もなこと…
被告は電源開発と国です。電源開発には建設の差止め…国に対しては設置許可の無効確認…設置許可の適用法令になった指針が重要なところではほとんど無効になってしまってる。
それ…(以前の指針?)守っていても福島原発みたいな事故が起きるということがわかったわけですから…それを全部クリアしなければいけない。指針守っていても安全じゃないと言う事がはっきりした。
だからそれを理由に差止めにする。国に対しては無効を確認し、電源開発には工事の差止めをする。管轄の問題は東京でやる。河合井弁護士と森越弁護士が共同代表…森越弁護士が地元で河合井弁護士が東京代表。いいですか?ありがとうございました。


以上

※記事=soundmanlive123
※撮影=竹浪純

12

01

コメント

2012.11.23 No原発・核燃パレードへGo!in弘前

11月23日、あいにくの肌寒い雨の中、土手町蓬莱橋を出発地点にさようなら原発・核燃パレードが行われました。



参加者は15人ほど。手にパネルやプラカード、横断幕をもち、鈴やタンバリンをたたきながら、桜大通りから市役所前、大学病院、本町、桜大通り広場と、約35分かけて歩きました。街ゆく人も、珍しい昼デモを興味深げに見ていました。参加した皆さんは、時折横殴りに吹く風と雨にあおられながらも、負けず元気に歩き通しました。終着地点の桜大通り広場では、初めて参加したという女性の方が、東日本大震災の後に生まれた曲「花は咲く」を歌い、一同聴き入っていました。
取材=竹浪 純

11

17

コメント

2012.11.16 原発なくそう核燃いらない金曜日デモin青森

16日、青森市駅前から県庁前まで、原発なくそう核燃いらないを訴える金曜日デモが行われました。デモにはあいにくの冷たい雨の中、市民20名が参加し、大飯原発再稼働反対、大間原発建設中止、再処理工場の廃止などを訴えました。デモは青い森公園に到着。参加者は県庁や東京電力に向かって抗議のシュプレヒコールを行いました。


撮影=竹浪純

11

17

コメント

2012.11.11 『11・11 国会前1000000人大占拠 13:00~17:00の報告』

11月11日は、青森県内でも大間と八戸で大間原発稼働反対をスローガンに
掲げた大集会が催されていた。

(建設工事の即時中止を!11・11大間原発反対現地集会動画)
(大間集会を主催した大間原発反対現地実行委員会公式HP)


前日別件で上京していた市民ジャーナリストチームあおもり取材班は、11日早
朝帰青しても大間行きバスに間に合わないことから、11日は、首都圏 反原発
連合(首都圏反原発連合公式HP) が呼びかける官邸前100万人大占拠の取材に廻った。


首相官邸前に到着したのは、13時を少し廻った頃だったが、既に国会に至る道路は、全てゲートによって封鎖されていた。我々は、国税庁、特許 庁を大廻りして国会前まで歩くことを余儀なくされた。国会前にはまだ人はまばらで、警官隊が歩道と車道を区切るバリケードを組み立てる作業を行っ ていた。


当初、首都圏反原発連合は、日比谷公園付近から国会前までのデモを13時出発で呼びかけていたが、東京都が日比谷公園の使用を認めず、東京高裁 も抗告を棄却したことから、デモ申請ができない状態となり、改めて国会前、官邸前等10ヶ所に15:00集合の抗議行動、各地点より国会前に集結 し、17:00からの大集会と抗議行動計画が変更となった。そのため、警察も15:00開始に合わせて作業をしていたものである。デモをする側も警備する側も お互い約束が守られると信じて疑わないあたりが律儀な日本人の気質を表しているようでおもしろかった。


国会正面の左側に小さなステージが作られており、そこがメイン会場であった。13:30、スタッフが打ち合わせを始め、フライングダッチマンの 「ヒューマンエラー」

がスピーカーから流れ始める。「この期に及んで福島原発とうちは関係ありません」って毎日工事してるよ~ 愚かだよね~ この前地震があった静岡の浜岡原発も大丈夫っていまだに止 めてないし~ 何が大丈夫~ はぁ? お前の頭が大丈夫なのかよ」ステージ真横の植え込みの裏に登ってカメラをセットしながら、耳に入ってくる歌を聴いて思わず笑ってしまう。本当に愚かだ。この期に及んで被災者の救済より原発稼動再開に汲々とする愚かな日本政府、愚かな東電、愚かなJパワー。


15:00わずか前、急にざわめきが起こり、「宇都宮けんじが、皆さんに連帯のご挨拶に来ました」のアナウンスが流れた。(宇都宮けんじ公式HP)「人にやさしい東京をつくる」をスローガンに、反原発を政策のトップに掲げて都知事選に立候補表明した宇都宮弁護士が、国会前の交差点をこちらに 歩いて来る。大きな歓声と拍手が起こった。宇都宮弁護士は温和な笑顔で集会参加者ひとりひとりと握手しながら、取材班の目の前を通り過ぎて行った。
 

15:00きっかりに、ギタリストの青年がマイクを握り、コールを開始。プレ集
会が始まる。




普通の市民や学生、主婦らが次々と登壇、マイクに向かってリレートーク開始。これがめっぽうおもしろかった。皆、自分の言葉で自分のことを話す。小さなプラカードを持ったおばあさんは、孫のためにがんばりたいと小さな声で決意を述べ、大学で歴史を専攻しているという学生は、今の政府はファシズムだ、市民の声を聞けと叫ぶ。もう、ぼく、めちゃくちゃ怒ってるんですよ!と渾身の東電批判をするも、生来ののんきなしゃべり方を変えられな い若者、 鹿児島や静岡から来たと自己紹介し、地元の反原発運動の報告をする人々。有名人でも候補者でもない普通の人々が、街頭でマイクを握って主張するということの新鮮さは、2時間続いたトークを飽きさせない、日本の意識の変化を感じさせるすばらしいものだった。日本もやっと革命で権利をかち取った欧米並に、市民が立ち上がり主張する社会に変わったことを実感させる。何十人という方々が、自分の言葉で反原発を主張するトークを、ぜひ最後まで聞いて欲しい。


16:00過ぎから、雨が降り出し、雨脚はだんだん強くなる。警官隊がひっきりな
しに笛を鳴らし、押さないでゆっくり歩いてくださいとマイクが叫び、人は増える一方でもはや身動きもとれない大混雑 となる。





我々は、カメラにポリ袋を被せ、山行用のカッパを着用して17:00過ぎまで撮影を続けた。17:00から大集会が予定されており、19:00の終了に向け、感動的な盛り上がりが予想されるが、これ以上粘ると帰路の新幹線に間に合うように人混みを抜けられない可能性があり、17:20、脱出を開始。傘の波の中を中央ステージを後にする。思い思いのプラカードを持った人、仮装した人などとすれ違う。新党日本の田中康夫代表が支持者と共に配った白い風船が、ひとつふたつと暗くなった空に放たれて消える。総務省前の交差点まで来てやっと普通に歩けるようになった。カメラを収納。後ろからいつまでもドラムスとシュプレヒコールが追いかけてきた。時間までに東京駅に到着できるとわかったら、急に、さっきまで我々が歴史の真っ只中にいて、それを最後まで見届けられなかったことを惜しむ気持ちが湧いてきた。月曜に年休を申請しておけばよかったといつまでも考えるであろう。

撮影=竹浪純
文責=三浦協子

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。