--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

21

コメント

2013.01.19  「あさこはうす小笠原さん涙の朗読 母熊谷あさ子さんの嘆願書」 ~第14回青森県高齢者大会分科会2「原発問題」~

 1月19日、青森市内にて行なわれた第14回青森県高齢者大会分科会2「原発問題」に、大間あさこはうすの小笠原厚子さんが報告者のひとりとして出席された分科会には約60名が参加していた。

 小笠原さんは、大間原発が計画された1976年から今日の工事再開以後のことまで、大間原発に関わって見聞したことを自らの経験として報告された地元に投入された原発マネーの巨大さを実感される例として、小笠原さんがひかれたのは、大間で毎年開催されるブルーマリンフェステイバルの花火大会の様子である地元の商工会議所が1万円、2万円とわずかな寄附をして行なわれるこの地元の祭りの宣伝チラシの半分が、電源開発(Jパワーの旧称)で占められているのと、原発計画前は、5分に1回程度しか上がらなかった花火が、電力会社の参入以後、これでもかこれでもかと言わんばかりに派手に打ち上げられるようになったということである。

また、原発交付金で建設されたもの、という一覧を持参されていて、大間小学校、大間幼稚園、海洋保養センター、病院、消防署、ウイング(※)、養殖育成センター、道路、と、「大間のほとんど全てに」と小笠原さんが表現されたが、文字通り生活に関わるほとんど全てに使われていると話された「この状況が、10年、20年、30年、40年と続けば、大間は、それから逃れられなくなってしまった。それは当然のこと漁業補償金も、1軒1軒に配布されるのではなく、まとめて漁協に渡されて、漁協が個々の漁師の通帳に振り込むという形を取るため、1軒だけ返金したいと申し出ても受け付けられなかったのだそうだ。返すなら、何十億円の金をまとめて返してくれと言われたそうである。

 また、むつ市から大間に向かう国道沿いにウイングという道の駅のような施設(※)があるが、小笠原さんも知っているある方が、そこで写真展を行ないたいと館長に申し出たところ、
「あなたは、大間原発に賛成ですか?反対ですか?この施設は原発推進の方しか利用できません」と言われたということであったこの方が企画していたのは、被曝者の写真展で、直接原発と関わりはないものの、核の問題を批判的に扱っていると判断され、許可されなかった。

 熊谷あさ子さんが地元で漁業に従事していたからこそ知りえる情報として紹介されたのは、大間原発の敷地となった畑の所有者176名のうち熊谷さんを除く175軒が土地の売却に同意したというところで、土地は確かにその人のものだが、その人の子どもがどこへ行ってしまったのかゆくえがわからないという家が何軒か含まれており、あの家が土地の書類に判をつくわけがない、土地を相続する息子の行方がわからない筈だからだ、と熊谷さんが語っていたというくだりである。熊谷さんは、電源開発が売却の書類を捏造したのではないかと疑っていたということであった。

 熊谷さんが、売却を拒む最後の一人となったのが2001年、「共有地裁判」と呼ばれる、所有地に至る道路を使用する権利を巡って争われた裁判で熊谷さんが敗訴し、2003年には根負けした電源開発が、熊谷さんの土地を避ける形で計画変更を発表した。2001年から2003年までの間、熊谷さんには電源開発のストーカーがついてどこへ行ったか誰と会ったかを四六時中見張られていた他、地元の人たちにばかりか親類縁者にも熊谷さんとはつきあうなという誹謗がなされ、孤立無援、村八分という状況であったそうであるそのような中、熊谷さんが亡くなられた2005年5月のちょうど1年前に、熊谷さんが県知事に宛てて出した「嘆願書」が、小笠原さんによって朗読された。
「母が、これをどのような気持ちで書いたかを考えると・・・」と、小笠原さんは声を詰まらせた。県知事に大間原発の稼動を許可しないで欲しいと訴えた「嘆願書」には、自然への敬意と「宝の海」からの恵みへの感謝、子どもたちへの愛が飾らない言葉で綴られており、朗読の終わりには、会場から温かい拍手がわいた。

 小笠原さんは、熊谷あさ子さんが、歌が好きだったのであさこはうすのある畑にムラの年寄りを集めてカラオケをやりたいと話していたこと、子どもたちは自然の中で遊ばなければいけない、この場所がそういう場所になれたら、と話していたことが、今、自分の目標となっていると話された。その目標に向かって、あさこはうすで動物を飼い、自家発電で生活できるようにするための準備を進めておられるそうである。そして、小笠原さんは最後に、
「わたしの小さな小さな運動ですが、小さいことの積み重ねがやがて大きなうねりとなります。わたしの母はひとりでがんばってきました。ひとりの力は大きな力です」と話し、報告を閉じられた。

※記事=三浦協子
スポンサーサイト

12

25

コメント

2012.12.23 渡辺満久in青森講演会「全国の活断層と原子力施設の危険性」

12月23日(日)青森県労働福祉会館に於いて、渡辺満久教授の活断層講演会が行なわれた。渡辺教授は、早くから敦賀原発の敷地内に活断層が存在する可能性を指摘する等して活躍されている変動地形学が専門の教授で、大飯原発の原子力規制委員会現地調査団に加わっている人物である。講演は、地元青森県内の核関連施設付近の断層と敦賀原発付近の断層の2つに絞った内容のものであった。





渡辺教授は、現在日本に点在する原発の中で、活断層のことをとりあえず考えなくてもよいと言えるのは玄海原発だけであると明言、なぜ今になってあちこちで活断層が指摘されるような事態となっているかについて、過去、御用学者が断層の「値切り」を請合ってきたからだと糾弾した。


断層は、ひとたびずれが起こった時、その長さが長いほど大きな揺れを起こす。原発施設の耐震設計を大きな揺れにも耐えうる構造にするためには莫大な予算がかかるので、事業者は、もう少し安くできないかと御用学者に依頼をする。すると御用学者が、断層をいくつかに千切り、だいたい8キロほどでどうか、等と提示する、あるいは断層はないと無視をする。このような癒着が横行してきた結果、今になってあっちもこっちも、やっぱり活断層であったという事実が判明しているというのであった。


また、地震の際の被害として極めて印象的な写真が紹介されていたが、それはインドの地震の際に、断層の上側の地層に建っている住宅群が全滅しているのに比べ、断層の下側の地層に建っている住宅群がほとんど無傷であったというものだ。約1000名が亡くなったというインドの高級住宅街を襲った地震で、逆断層の被害は岩盤の上側に集中するということである。

渡辺教授とそのグループが、4年ほど前にその存在を指摘した「六ヶ所断層」は、下北半島の斧の背の部分から柄の部分にかけて、太平洋岸を走る非常に大きな活断層「大陸棚外縁断層」から枝分かれして再処理工場の敷地内に一部入る断層なのであるが、インドの地震で壊滅した「上部地層」に乗っているのが六ヶ所再処理工場なのである。


大間原発についての調査報告も興味深いものだった。下北の土地高は、大間から脇ノ沢に向かって40m下がり、関根浜に向かって30m下がっている。Jパワーは、「じわじわと、地震に関係なく定常的に隆起した」と説明しているそうだが、旧汀線高度変化、離水ベンチの分析、段丘面の変形から、大間の地下に海底活断層があり、それが動いた結果としか考えられないとのことであった。じわじわと隆起しているというJパワー説に反論するため、水準点の水位を遡って調べたのだそうである。


あさこハウス付近は10万年の間に2度は動いており、あさこハウスを左手に見て向かって右手の広い地形のあたりに存在する、あさこハウス付近から炉心に近づくその断層は、S-10と呼ばれているが、それが断層なのかどうか判断するために調査された大間の地下調査図では、地層が庇のように張り出した状態になっている。
庇のように張り出す不安定な地形が何十万年もそのまま存在するわけがなく、その部分で地殻変動があったに違いないとする渡辺教授らの主張を退けるために、Jパワーが何と言ったかは、非常に印象的に語られていたが、Jパワーはその地形を「膨潤」であるとしたのである。「膨潤(ぼうじゅん)」とは、土が水を含んで膨らむ状態を指す。


講演は、4年ほど前に青森市で行なわれた時の内容と重複する部分も多い。学問的事実がそんなに頻々と変化するわけがないので当然であるが、このアーカイブをきちんと見ておけば、青森県内の断層については、整理された知識が得られると思う。渡辺教授が乗った飛行機が荒天のため遅れ、冒頭20分ほど原子力資料情報室の澤井正子さんがフクイチの現状について報告した。フクイチは、収束などという事態とはほど遠く、水を循環させて冷やしておくことがかろうじてできているというだけであり、汚染水が循環する部分を隔離できず、中に外部の水が染みこんで汚染水が増えており、汚染水を入れたタンクを保管する場所が1年でふさがってしまったとのことであった。東電は、土を掘り、シートを敷いて水を貯めることを考えている。今後、「関係省庁の許可がなければ、海洋には放出しない」とする報告書があることが紹介され、選挙で大勝した自民党政権が、海洋放出に許可を出さないように見守る必要がある、と話された。聴衆は約150人余りで、参加者はメモを取るなどして熱心に聞き入っていた。
※撮影=竹浪純
※記事=三浦協子

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。