--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

31

コメント

2013.08.30 NPOグリーンシティ理事長 富岡さんに聞く 「自然エネルギーと地域貢献」

みなさんこんにちは、小山内です。おもしろい人と知り合いました♪

先日ご縁があって、八戸市のNPO「グリーンシティ」の理事長でいらっしゃる富岡敏夫さんとお話する機会がありました。この人のお話がとにかく面白い!グリーンシティは、自然エネルギー資源で地元に貢献しようというコンセプトのもと、現在大間で【市民出資型風力発電】事業を続けておられます。非常に興味深いお話ですので興味のあるテーマをごらんください!


●No.1 「グリーンシティ誕生秘話」

⇒大学を卒業後、教師・議員を経験した。北欧での視察が大きな転機
⇒ただ反対する労力を、実際の事業としてのモデルづくりに傾けるようになった
⇒最初の事業、風力発電は建設当時売電価格が低すぎて収益は生まれなかった
⇒民主党政権時、エネルギー政策の大転換期に大きな役割を果たす



●No.2 「自然エネルギーのホント」

⇒「自然エネルギーは原発の代替エネルギー」は嘘。
⇒トライ&エラーが許される技術こそ発展する。原子力はエラーできない。
⇒自然エネルギーの活用は夢の話ではない。すでに多くの国で実現している。
⇒いま青森県でやってる再生可能エネルギー、ほとんど県外の資本ですよ



●No.3 「地域貢献のビジョン」

⇒大間に建設した「まぐるんちゃん」は絶好調で稼働している。市民出資の自然エネルギーで収益を得、その一部でさらに地域に貢献する事業を起こせる。障がい者にもニートにも老人にも雇用が生まれる。
⇒青森県はエネルギー資源の宝庫、過疎地にも産業を作れる
⇒地元の人間が、地元のエネルギー資源で、地元で事業をするモデルを作った。地域にお金が落ちる事業を今だれでもはじめられる。



20130830_131535[1]_convert_20130831210049
※遠い離れた大間のまぐるんちゃんは八戸の事務所から各種情報をチェックできます。写真はリアルタイムの発電量を確認している富岡さん 『今日の風いいよー♪♪』

【まとめ】新しい概念めじろおしです!自然エネルギーの可能性って、冗談抜きで無限大じゃないですか。わくわくしますね♪そいで、「世の中に不満があるなら意思表示は大事、だけどじゃあ次にまず自分になにができるかを考え行動した結果」と話す富岡さん、かっこいいじゃないですか!みんなで真似しましょうよ。

記事=小山内頼人
スポンサーサイト

08

28

コメント

2013.08.28 第一回 原発川柳 結果発表~★

第一回 原発川柳に作品を応募くださったみなさま、投票してくださったみなさまありがとうございます。結果発表です!

第三位
爆発で
【爆発で 見えた国家の大嘘が】4票
2011年3月11日に震災が起こり、福島第一原発が水素爆発を起こしました。国がいかに国民をだましてきたかが見えたという方は多いはずです。見えたものは氷山の一角でしょうが、一国民として疑う姿勢を身につけることが必要ですね。












第二位
電力は
【電力は 兵器のおまけ 民だまし】5票
これも上手い表現です!これまでわたしたちは、日本の電力需要のためには原発がなくてはならないものだと思い込まされてきました。ところが、まさか国が核兵器ほしさに原発をいや再処理を進めてきたとは!













第一位
補償せず
【補償せず 絆でごまかす 政府かな】7票
第一位はこれ。絶対安全と言って進めた原子力政策、いざシビアアクシデントが起こると住民には避難の権利も与えられず、ほとんどの「自主避難者」には十分な補償はいまだされていません。これは日本の原子力立地地域がたどる運命なのでしょうか?







いかがだったでしょうか?入賞作品に共通するのは「政府の嘘や対応への怒り」ですね。国は国民の怒りに気付いているのでしょうか?ほかの作品も非常に上手いですのでぜひご覧になってください!
原発川柳投票結果
今回こちらの説明が足りず、作品の作者名がわからない状態で募集してしまったことをお詫びしますm(__)m  次回は安全な応募方法を明記し、素敵な景品を用意します!

08

28

コメント

情報もとむ


忙しいお盆が過ぎると急に秋の風が吹く青森いかがお過ごしでしょうか


今日はひとつあなたにお願いがあります。
コロンボ


貴重な体験や情報をお持ちの方と、市民ジャーナリストチームを引き合わせてほしいのです。以下のような方を知りませんか?匿名でもかまいません、情報をお寄せください。

●青森空襲を経験したor戦争を経験した
●安保闘争に参加した
●うちの町のあの議員さんががんばっている
●新幹線の近くの家が防音壁で囲まれてしまった
●告発したいことがある
●おもしろい町おこしがある

ほかにも青森県で起こったおもしろいできごとや面白い人おしえてください!

08

03

コメント

2013.08.02 日本原燃PRセンターにモンゴルからお客さま?

こんにちは(・∀・)ノ 核燃サイクルが大好きな小山内です!

またまた六ヶ所原燃PRセンターに遊びに行きました。

今回初めて知ったことがあります。ウランの輸入についてなんですが、日本は原発の燃料に使うウランのほとんどを、原鉱で輸入しているのではなく、アメリカから濃縮された状態のウランを輸入しています。アメリカ製の濃縮ウランにはアメリカ国籍があり、日米原子力協定によってアメリカに扱いを管理されています。ですが年間1500tは原鉱ウランを輸入しています。原発にして1基か2基分の燃料を六ヶ所村のウラン濃縮工場で濃縮しているんです。コスト面では濃縮ウランを輸入した方が良いのですが、輸入がストップするリスクに備えてのことだそうです。日本は自国にある施設でウラン原子爆弾を作れるんですね!もちろんIAEAの監視はありますが。




20130802_085951.jpg
ところで正面エントランス前に日本とモンゴルの国旗が上がっていました。なんだろうと思って訊いてみたら、今日モンゴルから来館者が来るとか。国旗をあげるくらいだからモンゴル政府関係者でしょうか??
「高レベルガラス固化体は埋めてしまえば安全です」とPRするんでしょうか?

08

03

コメント

2013.08.02 六ヶ所村核融合実験炉ITER研究施設に見学に行った

こんにちは!原子力大好きな小山内は8/2、核融合実験炉ITERの研究施設に見学に行きました。

image_2013080312525036e.jpg


核融合は、水をプラズマ状態にまで加熱、人工的に太陽を作り出し、無尽蔵にエネルギーを取り出そうという夢のようなエネルギー研究で国際的な合同研究です。ITER実験炉はフランスに建設中ですが青森県にはシュミレーション演算をするスーパーコンピューターがあり、しかも見学できるんですね♪

20130802_112054.jpg
みなさんはスーパーコンピューターを見たことあります?


冷却ファンの音がうるさくて話もできません

このスーパーコンピュータ「六ちゃん」は世界でもトップクラスの演算能力を持つエリートモデル!この施設を使って、フランスの技術者もシミュレーションをしたりします。役割分担なんですね。ちなみに核融合のシミュレーションに7日間も計算し続けるそうです!

六ヶ所村にはこんな施設もあるのでした。仮に発電に利用した場合、数億℃という高温をどうするのかと言えば、やっぱりお湯を沸かすんですって(笑)

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。