--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/101-2ae32165

09

11

コメント

2012.9.10 市民講座 『内部被曝について~放射線科学の歴史から紐解く~』 講師:遠藤順子(健生病院・医師)

 9月10日、弘前市で健生病院の医師である遠藤順子さんを講師に市民講座が開かれました。内容は  『内部被曝について~放射線科学の歴史から紐解く~』 です。
表題のとおり、放射線医学の世界で被爆の影響がどのように評価されてきたのか・IAEAやICRPの成り立ちを学ぶことによって現在の日本での放射線防護基準がいかに恣意的に歪められているかをお話しました。


●前半 講義部分



●後半 質疑応答など



まとめ
とてもわかりやすい言葉で説明していただきました。放射線の基本的な考え方から、IAEAやICRPの成り立ちから見ていくと、もともと放射線防護の基準が人間を守るためではないものだったことがわかります。科学のトリックを使って、放射線の人体への影響を過小に評価してきた歴史があるのです。
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/101-2ae32165

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。