--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/107-29f50cfa

09

26

コメント

2012.9.25 革新的エネルギー・環境戦略に関する議員説明会

 9月25日、青森県庁で【革新的エネルギー・環境戦略に関する議員説明会】が行われました。国の新しいエネルギー政策に関する説明を県議会議員に説明するという趣旨です。経済産業省からは牧野副大臣、資源エネルギー庁からは野田核燃サイクル産業課長が説明に来青しました。

DSC_0723_convert_20120925230714.jpg 
はじめに三村知事は新しいエネルギー政策に関して「具体的な道筋が見えてこない部分がある。今後は立地地域の意見をよく聞き、現実的な戦略を打ち出してほしい。私は県民の安全を守る立場から、引き続き国や事業者の取り組みを厳しく見守っていく。」と述べました。

DSC_0726_convert_20120925230557.jpg 
経済産業省牧野副大臣は「これまでの経緯を十分理解している。国の新しいエネルギー政策はこれまで先送りにしてきた原子力のバックエンド問題に正面から向き合ったもので、枝野大臣が先日申した通り、核燃サイクル政策に変化をもたらすものではない。青森県を最終処分地にしないことを約束する。」と発言しました。

DSC_0729_convert_20120925230636.jpg 
資源エネルギー庁の核燃サイクル産業課長野田氏が革新的エネルギー・環境戦略の説明を行いました。骨子は以下の通りです。

①原発に依存しない社会の実現に向けた3つの原則
  ●40年運転制限制を厳格に適用する
  ●原子力規制委員会の安全確認を得たもののみ、再稼働とする
  ●原発の新設・増設は行わない

②原発に依存しない社会の実現に向けた5つの政策
  ●核燃サイクル政策はぶれずに着実に推進する
  ●人材や技術の維持・強化に務める
  ●国際社会との連携「外国に日本の原子力技術を提供する」

  ●立地地域対策の強化「グリーンエネルギー導入支援を含めた各種政策を優先的に行う」
  ●原子力事業体制と原子力賠償制度「官民の責任の所在の明確化を進める」

③原発に依存しない社会への道筋の検証「変化に柔軟に対応、見直していく」



DSC_0728_convert_20120925230657.jpg 
日本原燃川井社長は、六ヶ所再処理工場の俊工次期を2013年10月に延長したことについて説明しました。ガラス固化体の流下時に白金族が堆積する問題も大きく改善していると発言。



まとめ
今回の説明会は質疑は行われず、改めて県議会の原子力特別対策委員会の場で行われる。さて、国の説明には矛盾点があると議員からも指摘があるが私が感じた疑問点は以下のとおり。
①知事はこれまで事業者の対応には事実上口出ししない態度を貫いてきた。今回も「県民の安全を守る立場で厳しく見守る」と発言し、具体的にはなにもしないことを公言した形になる。一方で核燃サイクルの推進については国に強く求めている。
②経済産業省から『新しいエネルギー政策は核燃サイクルの変化をもたらさない』という発言があった。2030年代に原発稼働ゼロにするのに核燃サイクルを推進する根拠が示されていない。
③原発に依存しない社会の実現に向けた5つの政策の中で、「青森県を地層処分相当の放射性廃棄物の最終処分地にしない」という文がある。地層処分相当でという文句はこれまで国と県が交わした確約書にはない表現だ。【最終貯蔵地】としてはありうるという捉え方はできないだろうか?
④原発に依存しない社会の実現に向けた3つの原則はいずれも矛盾する。原発の新設を行わないのは、新しく建設する原発を2030年代に廃炉にするとすれば採算が取れないし、40年運転制限制を順守するならば建設中の原発は稼働させる経済性がない。再稼働の認可権をもつ原子力規制委員会の人事には原子力ムラの住人ばかりが名を連ねている。
⑤日本自ら原子力の破滅的リスクを証明しながら、また、バックエンド問題の道筋もつけられないまま外国に原子力技術を輸出すべきでない
⑥原子力依存脱却に欠かせない「立地地域が原子力マネー依存から脱却する政策」が示されていない。ちなみに国民の生活が第一の政策では原子力マネー依存脱却のための立地地域の経済と雇用の拡大を謳っている。

⑦官民の責任の所在の明確化をするならばまず、東京電力の責任を明確化すべきである。
⑧新しいエネルギー政策は変化に柔軟に対応し、不断に見直すとある。原子力規制委員会は原子力依存脱却の実現を遅らせる動きをする可能性が十分考えられ
る。監視が必要である読者の意見を伺いたい。

※記事=小山内頼人

関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/107-29f50cfa

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。