--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/109-ca6c1eee

09

29

コメント

2012.9.28 大間原発建設差し止め訴訟 第7回口頭弁論を傍聴した

 9月28日、函館地方裁判所にて「大間原発建設差し止め訴訟 第7回口頭弁論」が行われました。青森チームで函館入りし、傍聴することができました。
差し止め訴訟原告団と弁護士たちはこの裁判で、大間原発が稼働することによって特に青森県民や函館市民にどのような具体的な危険性があるかを裁判官に認めさせようとするものです。

DSC_0074_convert_20120929215122.jpg
※函館地裁にむかって行進する弁護団の皆さん

 今回の口頭弁論では、弁護側3名の意見陳述が行われました。
1人目・・・川井博幸弁護士は、「元原子力安全委員長の班目氏も、国の新しい規制委員会の田中委員長も、原発の耐震指針は機能していないことが分かっており実質無効であると発言した。きちんとした指針が作られるのを待たずに建設再開することは大変な暴挙である」と述べました。

2人目・・・福島市に妻を残したまま子供と一緒に函館市に避難している鈴木明宏さんは、「先の見えない不安な毎日を過ごしている。孤立しがちだ。事業者や国の補償は無きに等しいもので、無責任な対応に怒りを感じる。大間で原子力災害が起これば函館市民は逃げる暇さえないだろう。裁判官には勇気ある司法判断を切に願う。」と訴えました

3人目・・・海渡弁護士は、「2007年の浜岡原発の差し止め訴訟では司法は国の許認可根拠を鵜呑みにし、訴えを退けたが、同じ経緯で福島は凄惨な原子力災害を起こした。危険な原発の建設続行を容認することは司法にも多大な責任が問われることをしっかり認識して欲しい。」と述べました。

裁判官の様子は、終始決して感情を表さず弁護側の陳述を聴いていました。


DSC_0110_convert_20120929215151.jpg
※弁護団と原告団が口頭弁論後意見交換をおこないました。

DSC_0141_convert_20120929215252.jpg 
※原告団の1人として参加した小笠原厚子さん



奇しくもこの日、電源開発株式会社が大間原発の建設を年内に再開させる方針を発表しました。厚子さんはそのことについて、「私としてはありえない話。あれは電源開発の願望に過ぎないでしょ?そんなことが許されることではない」と憤慨した様子でした。電源開発の建設再開方針は、経産相枝野大臣の『経産相としてすでに許認可が与えられている原発に関して取り下げることは考えていない』との発言を受けての発表です。大間原発がもし俊工・稼働すれば40年運転制度を厳守したとしても2050年代まで運転できる計算です。国が打ち出したばかりの革新的エネルギー戦略に示された2030年代に原発稼働ゼロを可能にするためにあらゆる政策資源を投入するとの方針と著しく矛盾するものです。
次回の口頭弁論は12月27日。裁判には膨大な時間と労力がかかります。
※記事=小山内頼人

関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/109-ca6c1eee

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。