--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/111-78521cb3

10

14

コメント

2012.10.14 青森県知事会見のオープン化の状況 パート2

 9月25日に県議会事務局へ陳情書を提出しました。知事会見をオープン化してほしいという趣旨のものです。陳情書は県議会の委員会へかけられます。

会見オープン化

議会 

県政記者会は無償で記者室と記者席を利用できますが一般市民は立ち入り禁止です。また、会議の傍聴に行くと記者だけ特別の資料を受け取れます。一般市民も県政記者会の記者も同じ税金を払っているのですが利用できる公共のサービスは違うようです。以上の陳情書への県議会の回答を紹介しましょう。↓


陳情書回答 



委員会でおそらく与党自民党議員の反対で両方とも残念ながら不採択となりました。ですが、この陳情書によって会見のオープン化の必要性、問題提起がおそらく県政史上初めて議論されました。
陳情には「秩序を乱さないための新しい規則を作る」とあります。それでも生じる懸念とはなんでしょうか?彼らにとって一般市民とは(記者クラブとは違って)そこまで信用できない、行儀の悪い人種なのでしょうか?さて、県政記者会では会見に一般市民を参加させない理由に、「主催者として会見場の秩序が乱れると責任問題になるから」としています。これは会見中になにかあると知事が主催者の県政記者会の責任を問うという前提です。知事は公人です。公人は自らの発言時に事故があったとき他人の責任を問う立場ではないはずです。どこへでも出て行って発言するのが公人たる務めです。
誤解があってはいけないので付け加えると、県政記者会に属する記者個人は皆さん問題意識を持っておられ、私の主張にも理解を示してくれました。記者会の総会に議題を上げてくださった記者さんには感謝しています。
※記事=小山内頼人

関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/111-78521cb3

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。