--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/114-4d9ccdbb

10

21

コメント

2012.10.13 日比谷野外音楽堂の反原発集会に6500人

日比谷野外音楽堂で6500人の前での小笠原厚子さんのスピーチ全文を書きおこしました。

・・・・ここから文字おこし・・・・
大間のあさこはうすから参りました。

私の母 熊谷あさこは電源開発の工事を14回も止めて建設させませんでした。(場内から拍手)
そして50mしかない原子炉を200m移動させ工事計画を白紙に戻し、再計画させ、
そのおかげで稼動する年が平成22年から平成24年に延びたんです。(場内から拍手)
福島原発(事故)は平成23年におきました。
もし平成22年にうちの母が強硬ないじめや嫌がらせ、村八分にあいながらも
たえて、もし耐え切れなかったら耐えきれずに土地を電源開発に売っていたら
今頃大間原発は稼動していました。
多分今も稼動していたことでしょう。
事故があり工事もとまり1年6ヶ月‥
なんと10月1日電源開発の社長が大間役場に来て
説明をし、その説明後午後から工事を着工する。
「はぁ?」と思いました。
政府は再稼動原発は0です。そして新規増設は認めないといいました。
なのに大間原発は容認する。そして工事再開は会社側と地元の判断に任せる。
そして会社は政府がどういう形ででてくるか待っての結果によって工事の再開を判断をする。
政府も会社もお互いに譲り合って自分の責任を逃れたんです。
原発は地元のことだけじゃなく、会社だけじゃなく、
それはもちろん会社は利益をあげ、いろいろな交付金や固定資産税などいろんな恩恵を受けます。
だけどもし事故がおきたら地元と会社だけの問題じゃないんです。
日本国民全員が被害者になるんです。
それを考えたら原発は本当に日本に必要ありません。
ましてや日本は小さな小さな島国で周りが海に囲まれ、必ず地震や津波、台風がおこります。
自然災害です。そしてたまに火山の噴火、つまり自然と共生している国なんですね。
そういう国が自然に耐え切れない原発を稼動していいんでしょうか?
私達は危険と背中合わせで生活しているんです。
もうこれ以上原発は必要ありません。
そして新規の原発を一機たりとも増やしてはいけないんです。
(日本は原発が)54機もある。なのになぜ1機増やすんですか?原発0と言ったんじゃないんですか?
政府はウソツキです。 (場内から拍手)
これから日本を担うのは子供達なのです。
その子供たちが安心して生活できる国にしなければならないのは政府なのです。
そして私達国民は政府に命をゆだねているのです。
政府の判断でどうにもなっちゃいます。
政府が国民の事を一番に考えてくれないでどうするんですか。
政府のみなさんどうかよろしくお願いします。
子供達を守ってください。そして私達を守ってください。
もう2度とあの福島のような事故はおこさせないでください。
お願いいたします。

・・・・文字おこし終わり・・・・

DSC_0374.jpg



Video streaming by Ustream



この小笠原厚子さんのスピーチを青森県民が聞いたならどのように考えるのだろうか?大間原発建設再開とは何を意味するのか。しっかりと考えるべきではないか?この集会の前の週、湘南江ノ島で約30人が集まり大間原発建設反対と再稼動反対のデモが行われました。映像が残っているので見てみてほしい。


Video streaming by Ustream
※記事=1radi2(ツイッターネーム)
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/114-4d9ccdbb

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。