--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/118-c472e5dc

10

30

コメント

2012.10.27 青森県革新懇講演会「尖閣・竹島・千島ーー領土問題と日本の外交・安全保障」

10月27日、青森市教育会館にて、青森県革新懇主催で日本共産党国際委員
会事務局長の森原公敏氏を招いた領土問題に関する講演会が行われた。折しも、尖閣諸島を国有化すると息巻いていた石原都知事が電撃辞任した翌々日であり、この問題に対する関心は高く、会場はほぼ満席となった。講師が開口一番「この問題を60分でお話するのは難しい」と言った通り、
①日本の領土問題、
②日本共産党の外交ビジョン、
③非軍事的手段による安 全保障という3本立ての講演が予定されていたが、①が話された段階でほぼ時間切れとなった。



国家の領土としてどこで境界が引かれるかは、戦争という手段をもってしても拡大あるいは死守するという国家の根幹に関わる問題として、各国が凌ぎを削ってきた様子がよく伝わる内容で、領土問題は難しいということがよくわかった。国際法上、どこまでをその国の領土とするかは、長く「無主の地」を「先占」するというやり方が取られて来た。その後、先占した地を西洋流の「国家」が支配しているかどうかではなく、そこに実際住んでいる住民がどこに帰属すると決めるかという基準に変わり、現在は、南極大陸を除くほぼ全てがどこかの国に帰属している。竹島は、発見したのは韓国が早いが、利用していたのは日本の方がよく利用していたという歴史があり、両国の文献をあたっても、長い間無価値な島として放置されていたという歴史がある。森原氏は、中国へ行った折政治家に取材しようとすると取材拒否に遭うなど、難しい実体験を話され、だからこそ領土問題は、ナショナリズムを煽り、武力の力を賭けて国境を引くのではなく、両国の学者が議論を尽くし武力に依ら ない解決を探るべきだと 話され、満場の拍手を浴びた。

記事=三浦協子
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/118-c472e5dc

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。