--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/12-72d6932b

07

02

コメント

TPPについて、わかる範囲で調べてみた


↑クリックしてブログを応援してください(*´∀`*)



みなさんこんにちは。市民ジャーナリストチームの【yori1335】です。

3/11の大震災が起きる前、ホットな話題だったのが

菅総理が突然言い出した『日本のTPPへの参加』でした。



TPPとはなんでしょうか?


TPPは、環太平洋貿易機構の略で、多国間で結ぶ貿易協定です。
発足した当初は、シンガポール・ニュージーランド・チリ・ブルネイといった小さな国々が結んでいた協定でした。

あるとき、そこにアメリカが参加してきました。

今では、参加にはアメリカの承認が必要です。 アメリカが主導権を握ってしまったのです(これだけでも怪しい)

日本側がTPPに関する情報開示を求めると、参加国にしか教えられないと拒否されます。

総理はどうしてこんなものに執着するのでしょう?

それは、アメリカとのFTA(2国間合意)がなかなか上手くいかないという背景が原因しているといわれています。


TPPの問題を非常にわかりやすく解説してくれている中野剛志先生の動画です↓




では、アメリカは具体的になにを狙っているんでしょうか?


そのへんがよくわかるのが、『USTR外国貿易障壁報告書』だという情報をもとに、
翻訳に挑戦しました。

USTRとは、アメリカ合衆国通商代表部のことです。
通商代表部が諸外国との貿易における障壁を調査し、対策を報告するものです。

●USTR外国貿易障壁報告書~日本~ (原文)


頭が痛くなる英文が連なってますね・・・(汗)
こいつを日本語に翻訳しました!ド素人なので3週間かかりました。誤訳はご容赦ください~

●USTR外国貿易障壁報告書~日本~ (日本語訳)


翻訳をすすめながら、内容に驚愕しました。
簡単に言うと・・・

アメリカは自国の産業を日本の市場に参入しやすいように、

日本側にあらゆる規制緩和や法改正まで要求しています。

そしてそれはすでに一部実行されているものもあるのです!

TPPに参加すれば、これらの要求は国際法に基づいて強制力を持ちます。

日本のすべての産業が食いつぶされてしまうと言っても過言ではないと思います。

だからこれを読んだ方にお願いです、

この記事をできるだけ多くの人に拡散してください!







関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/12-72d6932b

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。