--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村川みどり

すみません。ちょっと気になったのでコメントします。
安藤県議が反対しているのは、県職員の給与の引き下げです。
青森市で問題となっているのは、議員の報酬削減です。
青森市でも共産党は、職員の給与の引き下げには一貫して反対してきています。職員と議員を混同しているのではないでしょうか。
むしろ、職員の給与の削減には賛成だけれども、自らの報酬の引き下げには反対!というのでは、それこそ市民の理解が得られないのではないでしょうか?

03

18

12:45

小山内頼人

村川市議、当ブログを読んでいただきありがとうございます。コメントについて、私は議員の報酬は削減すべきで、市職員の報酬は削減すべきでないという根拠がわかりません。その点を含め、またお話を伺いに行きたいと思います。そのときはよろしくおねがいします。

03

19

10:46

共産党と自民党の比較をしたいだけのブログですか?ブログの趣旨がわからないです。これがジャーナリストと言える記事でしょうか?公明党の質問が時間に間に合わず、書けないならば、記事は書くべきではないと思う。半端な気持ちで記事は書けない。記事を書くならば、全ての取材をしたことを書くのがジャーナリストでは無かろうか?

03

22

03:45

小山内頼人

匿名さま、ぜひお手本を!

03

22

13:18

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/146-ebfca3ac

03

16

コメント

2013.03.14 青森県議会 予算委員会を傍聴した

3月14日、県議会の予算委員会を傍聴しました。予算委員会の傍聴は初めてです。県の予算の正当性を問う重要な委員会と言えるでしょう。この日の質問は、公明党:伊吹信一委員、共産党:安藤晴美委員、自民党:斎藤爾委員の3人でしたが、到着が13時をすぎてしまい、伊吹委員の質問を聞くことができませんでした。伊吹委員ごめんなさい。


●日本共産党:安藤晴美議員
2つ目の質問、「電源三法交付金が、東通原発停止中でも80%交付されているのはなぜか」
  →県の回答「安全を確保するために停止している場合、稼働中とみなす規定が適用される」
  →安藤議員「みなし規定は、たとえ稼働していなくても原発は置いておきたいという思惑ではないか?」
  →県の回答「決してそういう意図はない」

3つ目の質問、「人事費で県庁職員の給与が削減されているがなぜか?」
  →県の回答「人件費の削減を前提とした国の交付金減額が行われたため」
  →安藤議員「これまで県は独自の人件費削減策を講じてきた。これ以上の給与削減はすべきでない」
  →県の回答「地方交付税は70億円削減された。給与削減はやむを得ない」

●自由民主党:斎藤爾議員
7つ目の質問、「教育指導費について。24時間電話相談事業の具体的相談件数と内容は?」
  →県の回答「平成20年、21年はそれぞれ200件、22年は320件、23年は270件、24年は350件」
  →斎藤議員「いじめに関しては24年で約90件との報告があります。その他の内容は?」
  →県の回答「友人関係について、学習について、親子関係について、その他提案・指導などです。」
12番目の質問「青森県安全安心住宅リフォーム促進支援事業について。予算執行率が4%と低い。なにが問題か?」
  →県の回答「申請書の手続きが非常に複雑であるなどの苦情が寄せられています。」
  →古村議員のヤジ「要するにやる気ねんだべ」
  →斎藤議員「リフォーム支援事業によって県内の経済効果を狙ったもの。執行率をあげるよう工夫してほしい」
  →県の回答「現在、申請書の簡略化などの対策に努めております」



まとめ
安藤議員の質問で、電源三法交付金は、東通原発が稼働していなくても交付されるのを知りました。安藤議員は、「同じような体制で福島県は手痛いしっぺ返しをくらった。今年度福島県は電源三法交付金の受け取りを拒否したそうです。福島の例に大いに学び、原子力依存を断ち切るべきです。」と述べました。
また、安藤議員は県職員の給与削減に反対していますが、ここには、青森市議会議員の報酬削減には共産党青森市議団が賛成していることへの矛盾を感じました。
斎藤議員の質問では、県はいじめ関連の相談は女子柔道選手のパワハラ問題をきっかけに増えていると答弁。なにかをきっかけに相談が増えるというのは、実際の被害は実は相談件数よりもあったということです。きめ細かい対策が求められます。
住宅リフォーム支援事業の予算執行率が4%しかないのは驚きました。古村議員が横ヤリを入れたように、県にやる気が感じられません。
予算の執行はすなわち私たち県民の税金の使い道そのもです。たまには予算委員会の傍聴をしてみてはいかがでしょうか?
※記事=小山内頼人
関連記事
スポンサーサイト

村川みどり

すみません。ちょっと気になったのでコメントします。
安藤県議が反対しているのは、県職員の給与の引き下げです。
青森市で問題となっているのは、議員の報酬削減です。
青森市でも共産党は、職員の給与の引き下げには一貫して反対してきています。職員と議員を混同しているのではないでしょうか。
むしろ、職員の給与の削減には賛成だけれども、自らの報酬の引き下げには反対!というのでは、それこそ市民の理解が得られないのではないでしょうか?

03

18

12:45

小山内頼人

村川市議、当ブログを読んでいただきありがとうございます。コメントについて、私は議員の報酬は削減すべきで、市職員の報酬は削減すべきでないという根拠がわかりません。その点を含め、またお話を伺いに行きたいと思います。そのときはよろしくおねがいします。

03

19

10:46

共産党と自民党の比較をしたいだけのブログですか?ブログの趣旨がわからないです。これがジャーナリストと言える記事でしょうか?公明党の質問が時間に間に合わず、書けないならば、記事は書くべきではないと思う。半端な気持ちで記事は書けない。記事を書くならば、全ての取材をしたことを書くのがジャーナリストでは無かろうか?

03

22

03:45

小山内頼人

匿名さま、ぜひお手本を!

03

22

13:18

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/146-ebfca3ac

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。