--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/148-d22ab467

03

24

コメント

2013.03.11 弘前市議会 委員会傍聴を拒否

弘前市オンブズパーソンの高松氏が弘前市議会の厚生常任委員会の傍聴を拒否された問題で22日記者会見が開かれました。

高松さんは自身が提出した請願書の議論を見守ろうと、3月11日の弘前市議会の厚生常任委員会の傍聴を事前に申し込み、許諾されていたにもかかわらず当日傍聴に行ったところ「委員の大半が傍聴に反対だ」という理由で入場を拒否されました。



この問題で高松さんは傍聴拒否理由を問う公開質問状を提出。その理由は次の3つでした。

①慣例により無傍聴のため(前からそうだったから今回もだめ)
②会場が関係者だけで満杯であり、物理的に傍聴者が入れないため
③上記の理由で委員長が不許可としたため委員として従った

これに対し高松さんは「市民のための議論の場がこのまま非公開のままでいいのか」と憤慨していました。

市民の傍聴を拒否したのは、
宮本 隆志(委員長)
加藤 とし子(副委員長)
外崎 勝康
尾﨑 寿一
竹谷 マツ子
清野 一榮
三上 惇

傍聴に賛成したのは、
石田 久


全国市議会議長会・都市行政問題研究会が平成12年に発表した【情報公開と市議会に関する調査研究報告書】には、「委員会の傍聴者へのサービスは本会議のものと同等である」とあります。本会議は誰でも傍聴が可能ですので委員会の傍聴も開放されるべきです。ですが弘前市議会委員会条例では委員の議決で秘密会にすることができるようになっています。情報公開が叫ばれる時代に、実に田舎臭い問題が表面化してしまいました。市民に聞かれたくない議論をする市議会議員は、報酬に見合う仕事をしているとは言えません。
撮影=竹浪純
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/148-d22ab467

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。