--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここあ

初めまして。私は弘前の県民説明会に出席しました。そこで気になったことがあったので、お話しします。ある質問者から「この会場(質問者の席)には電力会社の社員も来ているのではないか」という事を電力会社の人たちに問いただしていました。実際、確かに電力会社の社員達が来ていて、平然と質問者席に陣取っていたようです。折しも、九州電力のやらせメール事件があったばかりだけに、みんな驚きました。会社側は、「こういう機会に社員に出席してもらい、体験させるのもいいと思った」との回答。でも、それならば、回答者の前側の席あるいはマスコミなどの横の席にいるべきであり、その質問がされなければ、社員の誰かが、賛成派の一人として発言する事もあったのではないかと思います。こんな風だから信頼されなくなるのです!県内どこの説明会も社員が質問席にいたんでしょうか。各新聞社も来ていたのに、報道もされていなかったのではないでしょうか?
みなさんの原発撤退の記事を見て、励まされています。

08

01

10:36

yori1335

コメントありがとうございます。
どこの説明会でも同じようなことが行われているのでしょうね。姑息な!

ここあさんともうすこし早く出会って、
市民ジャーナリストメンバーとして弘前の説明会録画してもらえたらよかったのに!

仲間に入る気はありませんか?

08

01

20:06

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/16-13acaa68

04

04

コメント

青森県内の原子力施設の安全対策に係る県民説明会(六ヶ所会場)を中継した!


↑クリックしてブログを応援してください(*´∀`*)



みなさんこんにちは。市民ジャーナリストチームの「yori1335」です。

7月11日から4日間、青森県は

『福島の原発事故を受けて、県内の原子力施設の安全対策に係る県民説明会』を開催しました。
県民説明会



題が長い!



さて、渦中の六ヶ所会場の様子が気になって、青森会場が終わってすぐ六ヶ所に移動!

Ustreamのアーカイブを以下に埋め込みます。


前半は事業主(電力会社)の緊急安全対策の説明ですので、

全くおはなしになりません。なのでとばしてけっこうです(笑)

後半の住民の生の声をお聞き下さい!











七戸町の男性Q.『原子力保安院の役割がわからない。独立した組織として機能していないじゃないか』

保安院A.『ブツブツ・・・原子力施設の安全を第一にブツブツ・・・』





十和田市の男性Q.『地震の影響じゃないというがIAEAはわからないと言っている。また放射能が出たらどうするのかの対策がない』

保安院A.『資料の~~~ブツブツ・・・原因は津波です~~ブツブツ』






横浜町の女性Q.『青森県は、福島の様な惨状をみてもなお、原発を徐々にでもやめる考えはないのか?』

県に聞いてるのにエネ庁が答えるA.『原子力をなぜ使い続けるかというと、経済的にコストが安く、
Co2を出さない、燃料のウランも世界中に散在する安定供給できる資源。エネルギーの安全保障上重要なものです。さらに再処理工場で再利用すれば非常に高効率のエネルギーです。ヨーロッパのように他国からエネルギーを輸入できればよいが、日本は島国なので~原子力はこれからも使っていきたい~』





感想


県民説明会といいながら、県として主体性がまったく見えないものだった。
しゃべるのは原子力保安院と電力会社代表。
「県独自の安全対策検証委員会」はどこいった?県民説明会に出席していないだけでなく、
委員会の現時点での調査経過等の報告さえない。
県は何もする気がない、そう感じた。

事業主の説明は福島と同様の事故を想定した安全対策であり、議論に値しないお粗末なものだ。
決定的なのは放射能飛散や周辺住民に対する補償などまったく考慮していないことだ

保安院は事業主を擁護しつつ原子力推進まっしぐら。
質問にもはぐらかすばかりで答えようとしない。この期に及んでデタラメプロパガンダを連発。

地域住民の悲痛な訴えと対照的な県側の冷ややかな対応に分厚い壁を感じた。
このような形式だけの説明会を開催する意図は、
原発再開のためのスケジュールに乗っ取った「県民の理解を得る」アリバイ作りにほかならないのではないかという結論に否が応でも導かれる。




関連記事
スポンサーサイト

ここあ

初めまして。私は弘前の県民説明会に出席しました。そこで気になったことがあったので、お話しします。ある質問者から「この会場(質問者の席)には電力会社の社員も来ているのではないか」という事を電力会社の人たちに問いただしていました。実際、確かに電力会社の社員達が来ていて、平然と質問者席に陣取っていたようです。折しも、九州電力のやらせメール事件があったばかりだけに、みんな驚きました。会社側は、「こういう機会に社員に出席してもらい、体験させるのもいいと思った」との回答。でも、それならば、回答者の前側の席あるいはマスコミなどの横の席にいるべきであり、その質問がされなければ、社員の誰かが、賛成派の一人として発言する事もあったのではないかと思います。こんな風だから信頼されなくなるのです!県内どこの説明会も社員が質問席にいたんでしょうか。各新聞社も来ていたのに、報道もされていなかったのではないでしょうか?
みなさんの原発撤退の記事を見て、励まされています。

08

01

10:36

yori1335

コメントありがとうございます。
どこの説明会でも同じようなことが行われているのでしょうね。姑息な!

ここあさんともうすこし早く出会って、
市民ジャーナリストメンバーとして弘前の説明会録画してもらえたらよかったのに!

仲間に入る気はありませんか?

08

01

20:06

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/16-13acaa68

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。