--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/166-b2d35e04

09

29

コメント

2013.09.27 八戸市桔梗野工業団地軟弱地盤問題の謎 その3

こんにちは。前回は桔梗野工業団地が造成された当時のことを、青森県新産業都市建設事業団に取材しました。今回は現代に戻って、八戸市議会でこの問題がどう議論されたのか、現職の八戸市議会議員さんにお話を伺いました!


無所属の伊藤のりこ議員は、八戸市議会でもっとも詳細にこの問題を扱ってきました。
公募に応じたのは3団体、NPOグリーンシティはメガソーラー事業・大和エネルギーもメガソーラー事業・吉幸会は特別養護老人ホームを提案しました。軟弱地盤の利活用案を決める過程でどんな問題があったのでしょうか?




伊藤議員のお話から、なにが問題なのかをひとつひとつ見ていきます。
①公募要項に規定違反
2012年3月の公募開始の段階では、そもそも工業団地の規約にない「貸与」を盛り込んでおり、議会の議決も経ていないし報告は2か月後。議会軽視であり、無効である。

②利活用検討委員会に重要情報が告知されていなかった
軟弱地盤利活用検討委員会には、重要な情報が伝えられていなかった。大和エネルギーは複数の自治体で不正を指摘され営業停止処分を受けていたが行政はそれを知っていながら事実を伏せていた。

③不可解な評価基準
本来望ましいはずの分譲の提案(グリーンシティ)があったのに、市への運用利益の低い貸与提案(大和エネルギー)に高い評価が付いているのは不可解である。吉幸会の特別養護老人ホームは、八戸市高齢者福祉計画」に設置がもられていないので最初から受け入れられない提案であるにも関わらず天秤に乗せられている。採用された大和エネルギーの売電利益は県外に流出する。

④議会のチェック機能不全

議会軽視は議会で黙認された。市民の利益から外れた意思決定、不可解な点を問題提起しなければ市民のみなさんもこの問題に気付かずに過ぎてしまう。





まとめ 
伊藤議員は、軟弱地盤の利活用検討過程を複数の議員から「これは出来レースだよ伊藤さん」と言われていたことを明かしました。議会は議会軽視を軽視と思わず黙認していたのです。与党議員は「うちらは与党だから」と行政提案を鵜呑みにし、議会のチェック機能は失われていました。

その結果、検討委員会は、指名停止処分を受けていたことを知らぬまま大阪の大企業大和エネルギーに高評価を与え、最終的には大和エネルギーの貸与によるメガソーラー提案を採用しました。伊藤さんはNPOグリーンシティの3500万円一括分譲の地域貢献型メガソーラー提案がより八戸市に運用利益をもたらすものであったことが評価されない不可解な評価基準も指摘しています。

八戸市産業振興課に取材したところ、「議員の指摘はまちがい、検討過程に問題はない」という回答でした。ですが、市民の代表である議員が「恣意的な評価」「出来レース」という印象を受けるのならばそれは主権者市民がそう受け取ったと同義。行政は説明や情報公開に重大な瑕疵があったと反省すべきです。伊藤議員も総括するように、行政の意思決定のプロセスは透明でなければなりません。そしてそれをチェックする議会は党派やしがらみにとらわれては機能しない、それを監視するのはわたしたち市民の責務なのです。
記事=小山内頼人
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/166-b2d35e04

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。