--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/168-bbde0cf3

10

25

コメント

2013.10.25 八戸市桔梗野工業団地軟弱地盤問題の謎 その4

これまでの桔梗野工業団地軟弱地盤問題の記事で、みなさんある程度理解できたでしょうか?

さて、軟弱地盤の利活用を担う事業主を決める際に「デキレース」があったと複数の八戸市議がもらしています。それはどういうことでしょうか?だれかが特定の事業主に決まるように工作をしたということ疑惑が持たれているということですね。それは誰でしょうか?なんのために?


10月4日に八戸市に対して【情報開示請求】を行いました。「桔梗野工業団地軟弱地盤の利活用に関する庁議議事録の開示」を求めたのです。庁議とは、議会ではなく行政のなかで行われる会議で、市長・副市長・課長クラスの職員が出席して自治体の方針などを報告決定する場です。八戸市の幹部クラスの職員がなんらかの不正な方向付けをしたとすれば、庁議の記録の中に不審な発言が記録されているかもしれないと思ったからです。



八戸市の回答は
「請求のあった2012年8月から2013年4月までの機関に、桔梗野工業団地軟弱地盤利活用に関する庁議は1回で、庁議の議事録が存在しないので開示できない。12月議会のために用意した答弁書なら出せる。」というものでした。新聞が「議員の質問に答えていない」と評価した行政側の逃げの答弁書とはこのことですね。




前回の記事で、伊藤のりこ議員は行政の意思決定のプロセスが不透明であると指摘していました。月に一回の庁議であれば開示請求の期間内に10回程度会議があったはずです。利活用検討委員会の招集や結果報告などが考えられるので関連の庁議が一回しかないと考えるのは困難です。議員もアクセスできない非公開の会議で物事が決まっていくのでしょうか?いままさに八戸市長選挙の選挙期間中です。もし市長が関与してデキレースが仕組まれていたなら大問題ですが、庁議の内容も開示できないのであればどのように潔白を証明するのでしょうか?小林市長は「企業誘致の実績」をアピールして再選を狙います。不透明なプロセスを経て決まったダイワエネルギーのメガソーラー事業は企業誘致の実績としようとしたのではないかと勘ぐってしまいます。行政はその意思決定のプロセスを公開しなければいくら言葉で不正を否定しようと説得力のないものになります。
次の記事は県内の他の市町村での情報公開の状況を取材したものを公開します。
記事=小山内頼人
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/168-bbde0cf3

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。