--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/175-f53f4d28

03

12

コメント

2014.3.11 東日本大震災から3年 岩手県の被災地の状況

 2011年3月11日から3年の月日が経ちました。岩手県の被災地はどうなっているでしょうか?

今回は久慈市から釜石市まで南下しながら海岸付近の様子を写真に収めてきました。

●前回の視察記事
  →岩手県陸前高田市に行ってきました。 http://yori1335.blog89.fc2.com/blog-entry-75.html
  →岩手県大槌町・大船渡市に瓦礫の視察に行ってきた http://yori1335.blog89.fc2.com/blog-entry-66.html

ざっくりいうとこんな内容
・被災廃棄物の山がない
・仮設住宅と仮設店舗が増えている
・海岸の補修が始まっている





岩手被災地の様子

DSC_0753_convert_20140312001858.jpg 
小袖海岸・・・海女センターやいくつかの住居が流されたが再建されている。



DSC_0030_convert_20140312002217.jpg 
久慈市・・・三陸鉄道リアス線は4月から全線運行開始できるまでになった




1015947_696056547111534_2063107426_o_convert_20140312003326.jpg 
野田村・・・海岸の補修工事が始まっている。被災廃棄物は一切見当たらない。





1167324_696057273778128_2076813077_o_convert_20140312003342.jpg
 
野田村・・・防潮の盛土を建設している。プレハブの仮設店舗が多数営業している。





DSC_0042_convert_20140312003414.jpg
 
山田町・・・全国からの支援に感謝の看板。仮設住宅の数は増えている印象。



DSC_0128_convert_20140312003814.jpg 
宮古市・・・壊れた防潮堤は手付かず。被災家屋の解体は終盤。海岸近くは更地のまま。





DSC_0046_convert_20140312004528.jpg 
大槌町・・・過去の津波浸水地域内でも一部家屋の補修工事が始まっていた。





DSC_0044_convert_20140312004621.jpg
 
大槌町・・・ここには大量の被災廃棄物があったが跡形もなく、代わりに海岸整備用の砂利とテトラ。



DSC_0055_convert_20140312004942.jpg 
大槌町・・・巨大な防潮堤のコンクリートが破壊されたまま。




DSC_0049_convert_20140312005044.jpg
 
大槌町・・・何者かが供えた花。たくさんの住民(浸水区域内の犠牲率11%)が海に飲まれた。



ま と め
・久慈市から釜石市までのあいだ、被災廃棄物の山は一切見当たらなかった。以前廃棄物が積み上げてあった場所には代わりに海岸整備用の砂利・テトラポッド・砂が用意されていた。
・各所に仮設住宅、仮設店舗が営業していたが以前よりも倍増している印象。釜石市では仮設店舗の商店街ができていた。ある商店の店主は「気負いせず観光に来て店を利用してほしい」と語る。
・更地になっている地区はまだ建設許可が出ないためか新しい家はできていなかった。
・ようやく復旧が始まったという印象。高台への集団移転が進まず辞退者が相次いでいるそうだ。
記事=小山内頼人



※読者の方からの追加補完情報、ご意見、ご感想をお待ちしています。コメントやメッセージフォームから気軽にお寄せください。



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/175-f53f4d28

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。