--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/50-c3c8fcf3

04

04

コメント

第269回 県議会定例会 一般質問を全日程リポート  【2日目】


↑クリックしてブログを応援してください(*´∀`*)


二日目のレポートします。
議員の質問は多岐にわたり、
全てを詳細に記述するのは困難です。

小山内個人が印象に残った質疑を赤で表示します。
今回も瓦礫受け入れの問題がピックアップされました

�.三橋一三(自民)
mituhasi_kazumi.jpg

�北海道新幹線の共用区間における走行が時速140kmに抑えられるのならば、青森県の負担を見直すように国に訴えるべきでは?
�農山漁村の「地域経営」を支える担い手対策について
�地方独立行政法人青森県産業技術センターの研究開発について
�あおもり型セーフティネットの充実・強化について
�風力発電の推進について
�県庁舎の受動喫煙の防止対策について
�中高校の柔道の必須化について
�縄文遺跡群の世界遺産登録の推進について


【知事】
知事
�現状国では共用区間は通常の特急列車と同じ時速140km走行を義務付けているが今後260km走行への調整がされていくので国の対応を見ながら地方負担が生じないよう求めていく。
�農山漁村の経済が発展するためには、地域全体をいわばひとつの会社ととらえ、地域に付加価値と雇用を生み出す仕組みづくりを作っていくことが重要。
�売れる商品づくりに貢献し、本県の産業作りに貢献すると期待をしている。
�より一層、医師が勤務したい医療環境、地域環境を作っていく。
�今後は例えば災害時に風力発電の電力を各家庭で利用できるよう自立地産型事業モデルの構築などを模索していく
【総務部長】
�他県で庁舎全面禁煙を導入しているのは33。本県では禁煙教室の開催や禁煙補助用品の購入支援、庁舎内の分煙を行なっている。
【教育長】
�柔道の指導を安全に行うために、県内の保健体育教員に指導講習を行なってきた。今後文科省が示す安全指針も講習会で浸透させ、安全対策に万全を期す。
【企画政策部】
�縄文遺跡群の全国的な知名度の向上のため、県では縄文ムーブメント強化発信として、縄文アートフェスティバルの開催や、facebookなどのソーシャルサービスを含むウェブの活用による情報発信態勢を整備する。





�.松尾和彦(民主)
matuo_kazuhiko.jpg
�平成24年度当初予算、国の復興支援策について
�県外からの災害廃棄物の受入の推進について
�地方独立行政法人青森県産業技術センター工業系研究所が震災からの創造的復興に果たす役割について
�農林水産業の振興について
�馬淵川の改修事業について
�県境不法投棄事案に係る取組状況について
�県立高等学校教育改革第3次実施計画について
�みちのく有料道路等の除雪について
�県民の緊急時における「情報力」強化について



【知事】
知事
�震災直後から地方の使い勝手の良い支援を求めてきた結果、国から震災交付金や特別交付税を受けることができた。
�岩手宮城では被災地で処理しきれない膨大な災害廃棄物。青森県では、県内の災害廃棄物処理を優先しつつも、広域処理に協力するため市町村と調整を行なってきた。現在八戸・三戸・東北・六ヶ所で受け入れがすすめられている。
�国の青年就農給付金制度をどう活用するか。地域が企業的経営を構築するため、時代の担い手を育成が重要。最長7年間直接年収を保障せんとする青年就農給付金制度を活用して就農青年の確保に尽力していく。
�現在県内ではほとんどの地域で高速インターネットが利用可能。ICTを県民の安心安全に結びつけていくよう今後も取り組んでいく。
【環境生活部長】
�災害廃棄物の受け入れ・処理が完了したものは、宮城県名取市・岩沼市で保管中に被災した政府備蓄米2178tを八戸の民間セメント工場において焼却、焼却灰はセメント原料に。
現在受け入れ中のものは、南三陸町の不燃物4500t程度を三戸町の民間最終処分場に埋め立て予定。
宮城県気仙沼市で家屋解体時に出た木くず3960tを六ヶ所村の民間事業所に仮置きしたのち、東北町の民間処理業者によって破砕し、破砕チップをボイラー燃料として売却予定。
今後の受け入れ予定としては宮城県石巻市のサイロで津波に被災した廃飼料や岩手県野田村の可燃物に関して八戸市のセメント工場にて焼却後セメント原料として再利用予定。





�.関良(青和会)
seki_ryou.jpg
�攻めの農林水産業の推進について
�企業誘致及び福祉施設の誘致による雇用創出について
�青い森セントラルパークの土地利用について
�特別養護老人ホームの入所待機者数の県の答弁が一致していないのはなぜか
�介護職員等によるたん吸引等について
�東北新幹線新青森駅周辺の活性化対策について
�新幹線の整備に本県は1800億円負担しているが、それに見合った効果を県民に説明できるか?
�青森空港の管理運営について
�人づくり戦略の推進について
10.津軽新城停車場油川線の道路整備について

【知事】
知事
�今後は生産者の所得向上を図るため農地の集積やコストを削減する機械の共同利用、家畜飼料の自給率向上の取り組みをすすめていく。販路拡大により県民所得の向上や雇用創出にも取り組んでいく。
�今後成長が見込まれる環境・エネルギー産業や農工ベストミックス関連産業、情報関連産業など、本県の優位性を発揮できる産業誘致をわたくし自ら積極果敢に取り組んでいく。
�新幹線の開業効果ですが、県の調査では観光客入り込み数が開業後124%と伸びている。東日本大震災で一時期落ち込んだが、青森ディスティネーションキャンペーンなどを実施し旅行事業の創出を図ってきた。来年度は大都市圏での誘客活動を強力に展開していく。
【企画政策部長】
�新青森周辺の賑わいづくりのためにどのように取り組むかですが、第一義的には地元青森市が必要な対策を講じることが重要です。県としては、新青森構内にミニFMを設置、ミニコンサート開催など情報発信を強化している。



�.藤川友信(自民)
fujikawa_tomonobu.jpg
�防災教育の充実について
�東日本大震災で被災した海岸防災林の再生について
�畜産の生産振興について
�ながいもの生産振興について
�生活習慣病対策について
�情報セキュリティの確保対策について
�新興住宅街地区に対する治安対策について
�高齢者の交通事故防止について

【知事】
知事
�充実強化させていく。
�県外事業者の誘致も視野に入れ経営拡大をすすめている。
�平成22年産はながいも生産量No.1の座を北海道にあけわたしてしまった。革新的栽培技術や新規就農者への技術継承などを進めるため予算計上、審議していただいている。





まとめ
瓦礫の受け入れ状況の詳しい現状が質疑応答の中で出てきました。
焼却灰をセメントに混ぜて再利用するのが多いみたい。
受け入れの前に住民の意見集約は行われたんだろうか?
とは言っても、
たとえば説明会を開いたところで住民は参加するかという問題もある。
行政にコミットしようとする市民がいまどれだけいるか・・・
議員の意識の中にさえ、瓦礫の広域処理が
本当に被災地の支援につながるのかという疑問は薄いようだ。

なにか釈然としないものを感じるのは私だけでしょうか?




関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/50-c3c8fcf3

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。