--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/6-b22b60e7

06

07

コメント

ゼロから学ぶ六ヶ所再処理施設! その2

みなさんこんにちは。

前回の記事では、現在の「核燃サイクルが高速増殖炉なしの半分サイクルだということがわかりました。

さて、日本で唯一の核燃料再処理施設である「六ヶ所」は、全国の原発から出るプルトニウムの処理のため

一生懸命MOX燃料を作らなければいけなくなりました。

一生懸命MOX燃料を作って、それを使わなければなりません。そこで全炉心にMOX燃料を装荷できる大間原発の建設が始まりました。

『使い終わったMOX燃料はどうするの?』

それは・・・考えてないみたいです(笑)
プルサーマル計画
図を見ても、プルサーマル計画で使われたMOX燃料はどこに行くのか書いてありません。
MOX燃料の再処理は計画すらないため「サイクル」になっていないんです!





MOX燃料の再処理も、高レベル放射性廃棄物の最終処分場の候補地もまったく決まらないまま建設は始まりました。
トイレを作らずマンションを建設するみたいですね




この状態でプルサーマル計画は進められようとしました。ところが、さまざまなトラブルが起こり計画は全く進んでいません。

stop_mox.jpg





六ヶ所再処理施設もまた、アクティブ試験時にトラブルが起きて止まったままです。
cost.jpg

建設費用はどんどん膨らみ、当初7600億円程度だったものが2兆円を超え、最終的には10兆円かかるとも言われています。どんなにお金がかかっても、電力会社は電気代に上乗せするだけです。

「化石燃料の高騰を受けて電気料金の改定を行いました。ご理解ください」とか言って。



このことが何を意味するでしょう?

再処理施設でプルトニウムを取り出しても、使うところがありません。。。
使う所がないのに、操業させようとしているのです。



今回の結論。
「再処理工場でプルトニウムを取り出しても、使うところがないから、再処理をする意味がないじゃん!」





関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/6-b22b60e7

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。