--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/60-66278e58

04

09

コメント

4月9日 「反・核燃の日全国集会」をレポート


↑クリックしてブログを応援してください(*´∀`*)



1985年4月9日に、
当時の青森県知事が六ヶ所再処理工場など、

核燃料サイクル施設の受け入れを決めて以来続けられてきた
「4・9反核燃の日全国集会」が、今年も4月7日、青い森公園にて実施されました。

今年の参加者は1146名。

時折小雪の舞う寒さの中、約1時間の集会を行い、その後「再処理工場稼動反対」「原発は要らない!」等とコールしながら青森市内をデモ行進しました。
DSCN2306.jpg


DSCN2309.jpg

集会では、主催者団体として原水禁国民会議など4団体が挨拶しました。

その中のひとり原子力資料情報室共同代表の西尾漠氏は、
「六ヶ所再処理工場の竣工延期は、技術力の不足であって残念ながら運動の成果とは言えないが、延々と延期を繰り返すことを今こそ我々の運動の高まりによって阻止しよう」と呼びかけました。

また、福島と福井の代表が、それぞれ地元の現状や運動の様子を報告しました。

最後に、政府も予見した三陸沖の大規模地震への不安と対策の不全、全ての原発が止まっても電力不足には陥らないと実証され脱原発の実現が現実のものとなりつつあること等をまとめた集会アピールを拍手で採択、団結ガンバローを三唱し、デモ行進となりました。

歴史ある集会にふさわしく、型通り、格調の高い集会という印象でした。

集会を観察して、いくつか気づいたことがあります。
ひとつには、集会やデモにひとりで参加する人、初めて参加する人の多くが、おそらくは持つであろう相当な疎外感に、主催者が鈍感なのではないかということです。

現実を憂慮し勇気をふるって最初の行動に踏み出した人たちにどれほどの配慮をしているでしょう。

ふたつめには、集会とはそれまでの運動の到達として現出されるものではないか、ただ集会に出るというだけでは十分でないのではないかということです。

集会を開くならば、一緒に行ないましょうと呼びかけ共に準備することが市民運動を大きく広げる鍵だとおもいますが、多くの場合、参加者は主催者が整えた場にお客様のように参加するだけです。

参加者ひとりひとりが主体的に関われる小さなイベントが、たくさん行なわれることこそ市民運動の底上げにつながるものだと思います。

                      




※レポート=三浦恊子

後ほど映像もアップします!




関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/60-66278e58

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。