--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/68-398ef534

04

29

コメント

4月27日 鎌田慧(さとしって読むんだよ)講演会 『下北核半島からの脱却・核燃サイクルの破綻』


4月27日
鎌田慧さんの講演会が弘前市文化センターで開かれました。

主催は「放射能から子どもを守る母親の会in弘前」ホームページ

鎌田さんはルポライターで、

下北半島がどのようにして核施設を受け入れてきたかに詳しい方です。


少し長いですが、鎌田さんのお話は面白いので是非聴いてくださいなヽ(*´∀`)ノ


▼家事の合間にも聞けるクリアな音声のみバージョン


▼高画質・高音質映像





●会場は満員!300人近く集まりました!
DSC_1312_convert_20120428211111.jpg

●鎌田さんのサイン入本を買い求める来場者
DSC_1317_convert_20120428211210.jpg

●会場の質問に答える鎌田さん
DSC_1314_convert_20120428211142.jpg




感想
鎌田さんのお話はブラックユーモアも織り交ぜて会場の笑いを誘いました。
原子力政策を進めてきた経緯の異常さ、
どのように地方の漁民・農民が買収されてきたかという側面からのお話でした。
印象に残ったのは、
六ヶ所村に誘致予定だった石油コンビナート群の計画のはなし。
オイルショックで頓挫したかのように見える誘致計画も、
実は国は最初から企業が集まらないことを見抜いており、
オイルショックを口実に、隠していた核燃施設群を六ヶ所に建設する計画を出してきたと。
朝日新聞の連載プロメテウスの罠にもすこし記述がありましたが
それでは青森県民は最初から完全に騙されていたのか・・・?

「原発を無くすために自分たちはどうすればいいか」という質問に
鎌田さんは「誰かの運動を否定しないことだ」と答えていました。
私はそれを、政府の分断政策に乗っかるなという意味だと受け取りました。
いま日本人は、よりよい社会を築くための大きな試練に立たされています。
瓦礫を受け入れる受け入れないで互いに敵視することや
福島から避難する避難しないで互いに敵視することが本当に必要なことでしょうか?

※記事=小山内頼人
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/68-398ef534

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。