--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロちゃん

島康子さんの意見が聞きたい

06

21

00:20

より

> 島康子さんの意見が聞きたい
コロちゃんさんコメントありがとう♪
あおぞら組は私も注目しています。
機会があったら取材してみたいです

06

22

22:04

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/86-5a8e539b

06

19

コメント

2012.6.17 大間原発反対現地集会レポート

大間に来たのは2年ぶり4度目のことだ。
国道を大間から佐井方面に向かう道すがら大間原発の全容が見える。

2011年3月11日以降、工事は「休止」しているのだが、一見してぎょっとしたのは、
確実に原発の建設工事は進捗していると実感されたことによる。

この写真を見ていただきたい。
DSCN1281.jpg
これは、2008年に同じ場所から撮影した大間原発だが、
この頃はまだ排気塔と建屋は1つしかない。

それが、今は、以下の写真に見えるとおりである。
DSCN2492.jpg


大間原発反対現地集会は、今年で5回目を数えるということだが、初めて取材に入った。 手作りのブースが並び、参加者同士も顔見知りが多いようである。大マグロックと名称されるロックライブも行なわれ、全体にアットホームな雰囲気の集会だ。
DSCN2504.jpg
しかし、本州の突端まで、交通の不便を押して集まるという困難があるとはいえ、参加者は、やはり、少ない。市民運動が盛り上がったり休んだりしている間に、工事は一日も休まず、着々と進められているのである。福島の惨状が記憶に新しい今こそ一気に運動を盛り上げて、一気に中止に追い込まなければ、と改めて思う。変化は、一気に起さなければ。


大間では初めてだというデモ行進は、アピール度の高い良いものだった。コールがだんだん熱を帯び、「ふくしまを返せ!」と叫びだしたときには、思わず涙が出た。ふくしまはもう返らないと誰もがわかっているからだ。浜通りに人が住めるようになるまで、今日集った人々は、子どもも含めて誰も生きていないだろう。
DSCN2510.jpg
目の前に広がる豊かな青い海、大間に向かう途中で見た深い森、人家に寄り添うようにつつましく作られた畑、小さな小学校。これらの上に、放射能の灰が降る可能性を選択するかどうかの今、岐路にある。デモ行進は、大間町役場の前で終了となった。大間町役場は、ご覧の通り古い。
DSCN2516.jpg

大間町は、町役場の新築と同じく古くなった消防署の建設工事費用に、大間原発の固定資産税をあてるとする予算計画を立てている。大間原発から町役場までは、このように、デモ行進が歩けるほどの距離である。大間原発で事故が起こったときには、庁舎がどれほど立派に建設されていても逃げなければならない。


記事=三浦恊子
関連記事
スポンサーサイト

コロちゃん

島康子さんの意見が聞きたい

06

21

00:20

より

> 島康子さんの意見が聞きたい
コロちゃんさんコメントありがとう♪
あおぞら組は私も注目しています。
機会があったら取材してみたいです

06

22

22:04

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yori1335.blog89.fc2.com/tb.php/86-5a8e539b

▼市民ジャーナリストチーム青森活動の軌跡

FC2掲示板

メッセージください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

投稿記事受付中!

yori1335

Author:yori1335
あなたも市民ジャーナリスト!
伝えたいこと、取材したいことありませんか?
あなたの記事を投稿してください。

何人来たかな?

メールで新着記事をお知らせします

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。